美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

複数のサプリメントを摂る場合の注意事項

複数のサプリメントを摂る場合は、摂取する成分の働きが重複したり、
サプリメント同士の組み合わせが悪く栄養素が作用しないなどの問題が生じることがたまにあります。

サプリメントを3つに分類すると分かりやすいです。

まず1つ目は動植物に由来し、食品として利用される原料から有効成分を取り出したサプリメントです。
2つ目は香辛料として使われてきた成分に由来するサプリメントです。
3つ目は、日常の食生活では摂取することのない薬草やハーブ類から作られたサプリメントです。

ブルーベリーや大豆イソフラボン、クランベリーなどの食品から作られるサプリメントは、
その食品にアレルギーのある場合を除いて、基本的に組み合わせのルールはありません。

カプサイシンやウコンなどの香辛料由来のサプリメントも同様、
注意が必要なのが薬草、ハーブ類のサプリメントを他のサプリメントと併用する場合です。

たとえば女性ホルモンの作用のあるチェストツリーと、
同作用のあるプエラリアミリフィカを組み合わせると働きが大きくなりすぎることも考えられます。

バストアップを望む方でしたら女性ホルモンの作用のある、
サプリメントを選ぶのも良いですね。



ベータカロチンとバストアップ
ベータカロチンは、にんじんやブロッコリーなど緑黄色野菜にたくさん含まれている色素です。
のりやわかめにも含まれますが野菜の方が摂取量ははるかに多いです。

ベータカロチンカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変化します、
一般に多量摂取しても血中ビタミンA濃度を増加させることはありません。

緑黄色野菜を調理するときは、油でいためたり、揚げたり、
脂肪分の多いゴマやピーナッツを使った和えものにするとよいでしょう。

ベータカロチンは脂溶性ですから、油脂といっしょにとると吸収率がアップし、効果的です。

強い抗酸化作用で老化防止、のどや口などの消化管の粘膜、皮膚、肌を健康に保つ
目の疲れや夜盲症夜間の視力にも効果的です。

緑黄色野菜を多く摂取する事によって、女性の美肌や肌の潤い張りが保て、
食物繊維が豊富なので便秘の予防などには最適ですね。

バストアップには、ベータカロチンの多い野菜と海草類などを上手に組み合わせて、
摂取するとよりこうかてきです。

ただし、サプリメントなどで多量に取ると、
含まれているカロテノイドによりまれには肌が黄色くなることがありますので、注意して下さい。

酵素とバストアップ
酵素
酵素とは主に腸内で食べ物を消化、分解してくれる物質です。
食べ物の消化、分解は腸自体が行なうのではなく、酵素が行ないます。
食べ物の消化、分解が適切にできなく未消化のまま血液中に流入してしまいます。

未消化物質は血液を汚し、体細胞に未消化物質を沈殿させま、
血液がドロドロになり肩こり、腰痛、冷え性、または肥満の原因になります。

酵素の働きを紹介します。
1、腸の中にある3ー5キロの宿便を排泄します。
2、血管中の毒素をなくし、血液をサラサラにします。
3、血液がサラサラになることにより、体内の脂肪分等を排泄します。
4、肝臓腎臓の負担をなくします。
5、腸の中の悪玉菌を減らし、悪玉菌の発する有毒ガスを取り除きます。

以上が酵素の主なはたらきです、ではどういった物に含まれるかといいますと、
漬物納豆みそしょうゆ生野菜、ぬかずけなど加工食品などに多いようです。
酵素不足になると、血液の循環が悪くなります、いろんな病気にもなりかねません。

バストアップにも、酵素を含んだ食生活をすることが一番望ましいですね。

女性ホルモンとバストアップ
女性ホルモン

女性ホルモンは卵巣から分泌されるエストロゲン卵胞ホルモンと
プロゲステン黄体ホルモンという2つの女性ホルモンのことをいいます。

脳の視床下部ー下垂体ー性腺刺激ホルモンというのがホルモンの分泌の流れになります。

プロゲステロン黄体ホルモンは妊娠の女性ホルモン、子宮の内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え、
妊娠したのちも、妊娠を継続させる働きを持っています。
エストロゲン卵胞ホルモンは女性らしさの女性ホルモンです、

思春期から分泌量が多くなり、女性らしいからだつきを作り、
子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着床を助けたりします。

また自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも、
エストロゲンが大きくかかわってきます。

加齢を迎えると女性ホルモンが減少する為に、更年期障害や物忘れなどがおきてきます。

女性ホルモンを摂取することで、改善されたる事もわかっています。
また女性ホルモンは顔など肌のコラーゲン量を一定に保つ作用もあります。

バストアップには欠かせない、コラーゲン量を保つためサプリメントで摂取するのもいいでしょう。

エストロゲンとバストアップ
エストロゲンとは女性ホルモンのひとつです、女性の健康維持にとても大切な役割をもっています。

エストロゲンのはたらきは、血管を広げて血流を促進させ、
悪玉コレステロールをおさえて善玉コレステロールを増やし、血液が固まる能力を高めます。

皮膚では、コラーゲンの合成を進め、柔軟な皮膚組織やつやのある肌を保ち、
皮下脂肪を増やすとくに乳房、腰、太ももなどです。

バストアップを望んでいる女性には、嬉しいですが、
ウエストやふとももまで太くしないように、適度な運動をしながら生活せてください。

骨では、骨が失われる速さとつくられる速さの調節をし、骨量のバランスを保っているそうです。

最近では、脳の活性化にも働いていると言われ、
年齢を重ねる事により減っていき、認知症の原因の一つです。

女性は閉経後50代くらいから高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病になりやすくなるため、
毎日の食生活には十分気を配り、サプリメントなどで摂取するのもいいでしょう。

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!