肥満対策のダイエット療法

最近、少々栄養を摂りすぎたと思っていませんか。体重計に乗った事がありますか。

28c8d3_s-min

食べる事が大好きな女性は、甘い物が大好きですよね。

肥満になると体重を測らなくなる

しかし肥満になるにつれ体重を測る事を拒否するようになります。

すると食欲がどんどん出てきて、1年、2年と体重を気にしなくなりますよね。体に脂肪が付くのはとても早いです。

脂肪と共にだんだん体の皮膚も伸びていき、最初に大きくなるのが、バスト、ウエスト、お腹、

ここまでなってしまうと皮膚は伸びきってしまい元に戻す事が困難になります。

肥満は脳が支配している

肥満は脳が支配していると言っても過言ではありません。

一旦美味しい物を味わってしまうと、脳がその美味しさを記憶してしまい、食べたくてストップがきかなくなります。

ここまで肥満になってから、ダイエットをしても体の線が崩れるだけです。

食事療法でカロリー制限

まず食事療法ですね。炭水化物、糖質を極端に制限する必要があります。1日に摂取するカロリーは、1600カロリーです。

これは糖尿病の患者さん用です。肥満になる人の特徴は、炭水化物が大好物ですよね。そして甘いものです。

炭水化物は体の中に入ると、ブドウ糖に変わりエネルギーとなって体を動かしてくれる役目をします。

しかし炭水化物を大量に摂り、甘い物を大量に摂る事で体の中のブドウ糖が消化できなくなり、脂肪に変わりどんどん貯めてしまうのです。

また膵臓にも負担がかかり、ブドウ糖に分解する事が大変になると、糖尿病になってしまう事があります。

食べ方としては

野菜を先に食べて、それからおかず、ご飯、汁物の順番でたべる事が理想ですね。

そして30回くらいよく噛んで食べる事が重要です。また女性はバストアップを綺麗にするためには、タンパク質を摂る事をおすすめいたします。

1日3食をしっかり噛んで食べる事が大切です。

30分以上のウオーキング

女性の場合は最初におこなうのが、30分以上のウオーキングです。最初から無理をしない様に30分から40分と決めておこなう事です。

この時のバストが揺れるので、バストをしっかりと支えるスポーツブラをお勧めいたします。

キツイ運動で体を動かしているうちに、バストが大きく揺れてバストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまうからです。

伸びたクーパー靭帯は元に戻す事は難しいです。

水中ウオーキング

そして水中ウオーキング、これは1時間から2時間はできると思います。

水の中では体全体を動かすので、筋肉もつきます。女性の場合、筋肉を付けて痩せる事はかなり難しいです。その為には有酸素運動が適しています。

有酸素運動をすることで、脂肪を燃やす事ができるのです。

無理なダイエットはしない

ダイエットで一番長続きするのは、短期間で痩せないで、長い期間をかけてやることが大事です。

それは伸びきった皮膚がたるむことがあります。この皮膚を綺麗に自然に戻すには、ゆっくり時間をかけて毎日食事と運動をする事です。

女性は特にダイエットをすると、バストアップが崩れます。常にバストをしっかりと固定した状態を保っておこなうよう心がけてください。

ダイエットは自分との闘いですが、やり遂げた後はきっと満足いく生活が待っています。

綺麗にバストアップできるには、無理なダイエットはおすすめできませんね。