美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

世代別バストアップ方法や効果の違い

花の寿命は短いといいます。綺麗な花を見ているととても癒されますよね。この綺麗さを毎日見たいと思って、一生懸命に水を取り替えて、栄養をあたえたりして長持ちさせようと努力します。

しかし何日か経つと花びらが散って、汚いかれた花になってしまいます。人間もそうですよね、若い頃はとても綺麗で周りの男性からちやほやされて、人生で一番のもて期ではないでしょうか。

しかもスタイルは抜群で、肌はつやつやバストアップした女性らしい体が自慢になるくらい毎日が楽しい生活だったと思います。しかし人間も花と同じで、いつかは枯れていく時が来るのですが、一番寂しいのがバストアップが自慢だった胸が残念な事になる事です。

独身のバストアップ

独身の頃のバストアップ

独身の頃は女性のバストはとても張りがありました。しかも体の筋肉や大胸筋が発達しているので脂肪で作られたバストを十分に支える事ができるのです。

体は筋肉が発達している為に余計な脂肪は作られないのです。また独身時代の女性の体は女性ホルモンが盛んに分泌しているので、太りにくくなっています。

56885bd_s-min

既婚女性のバストアップ

女性は結婚すると体が妊娠の準備をするようになります。すると女性ホルモンはとても盛んになりバストアップされた胸は、赤ちゃんを待つ準備をするのでとても大きくなって張りのあるバストになります。

妊娠をして出産を終えると、第2のバストアップが始まります。それは赤ちゃんに飲ませる為の母乳を作っているからなんです。母乳は赤ちゃんを出産すると直ぐに張ってきます。

赤ちゃんが飲むことで楽になり、また赤ちゃんが泣くと体が反応してバストアップしていきます。女性のバストは母乳を与えている時が、人生で一番大きなバストになるのです。

子育てが終わった頃のバストアップ

子育てが一段落すると、バストは張らなくなっていきます。しかし母乳を与えていた時に大きくなったバストは乳腺がしぼんだせいで、下垂気味になってしまう事があります。

この状態をそのままにしておくと、バストアップできない下垂したバストになり、形の悪いバストができてしまいます。まずバストが下垂したと思ったら、直ぐにバストアップブラを使って持ち上げる事が大事です。

しばらく形のしっかりとした、下着を身につけておくことで、バストアップ効果を期待しましょう。

更年期のバストアップ

更年期に入ると女性の体は大きく変化していきます。お腹の筋肉が弱くなり体が事前に前かがみになっている事に気が付くでしょうか。

更年期になると体の筋肉がだんだん落ちていきますので、バストを支える筋肉やクーパー靭帯が伸びてしまうので、バストアップできるほど、支える事ができなくなります。

姿勢も猫背になり、前かがみの姿勢が楽になっていきますので、更年期に入ったら適度な筋肉のトレーニングをすると良いでしょう。

dd66ec7_s-min

老年期のバストアップ

老人になったと気が付く年代は、60代から70代になると体が思う様に動かなくなりますよね。筋肉が落ちて、痩せてきますが、老人になっても太っている女性はたくさんいます。

それは食べても代謝が悪くなっているので、全ての栄養が脂肪に変わってしまうからなんです。良く動かないで口を動かすだけ、なんて人は気を付けてください。

しかし見た目はぽっちゃりしていて、誰よりもバストアップしているのは、脂肪の量が多い事がわかりますよね。女性の体は一生バストアップできると限りません。年齢とともに体は大きく変化していきます。

その為には普段から良く体を動かし、適度に食事を摂り、ストレスをためない生活を心がけましょうね。

イマーク

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!