美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

女性の体形が崩れる原因は、産後の経過で大きく変わります

女性は一生死ぬまで女性でいたいと、思う事は当たり前ですが、
最近年齢を重ねていくと思う事があります。
それはどうしても隠せない体形に悩む事です。

若い頃は体形やバストアップなんて、何にも気にしないで生活していました。
下着も自分に合えばそれでいいと思い、デザインの可愛い物を選んで着けていました。

しかしそれは本当に若い時期、とても短い年月だと感じています。
下着を身に付けたときにバストのシルエットを意識して着けていますか。
そんなところまで考えていませんよね。

でもバストラインを上手に作るのは、外見を美しく見せる事につながりますね。
若い20代のころはスタイルも抜群で、バスト、ウエスト、ヒップ、全てが完ぺきに近い物がありました。

でも悲しい事にその完ぺきなスタイルは、年々崩れていくのです。その原因を見てください。

1265c_s-min

スタイルが崩れる原因

女性は適齢期になると、結婚をします。これは誰でもが憧れる事です。
結婚をすれば子供ができます。妊娠、出産、子育て、これが大きく影響していきます。

まず妊娠をするとお腹周りが、大きくなり皮膚がかなり伸びていきます。
痩せている女性などは妊娠線がお腹にできる事があります。

皮膚が大きくなるのが早すぎてひびが入る様な線ができます。
また出産を終えると、お腹は元に戻りますが少したるみが出てしまいます。
でも妊娠線は消える事はありません。

そして母乳栄養で、バストは普段の3倍も大きくなり、
乳腺がパンパンに張ってバストが最高の時期とも言えるでしょう。

この妊娠、出産、子育てが終わると大体の女性は体のラインが大きくかわります。

しかし芸能人は別です。
なぜなら元のスタイルに戻す必要があるからですよね。
しかし元の体に戻すには、かなりの努力が必要ですよね。

15キロから20キロ近く落とす芸能人もいますしね。
食事だったり、筋トレだったりを完ぺきにこなし体重を落としています。



体形が戻る時期

産後直ぐにダイエットや筋トレをするのが一番戻る時期とも言えます。
妊娠中にたまった脂肪は、産後母乳をたくさん与え、筋トレをすることでかなり、体重が落ちます。

しかし産後は子育てが忙しく、ダイエットや筋トレをする暇がないですよね。

また母乳栄養をしているととてもお腹がすきます。
そして水分がほしくなります。それは赤ちゃんが母乳をたくさん飲んでいるからなんですね。

普通の女性はこの時点でなかなか体重意識しても、筋トレまではできません。
ただし母乳を毎日あげていると、体重がどんどん減っていきます。

それを上手く利用して上手な食事を心がければ、元のスタイルに戻ります。
バストはこの時期では、一番ピークになっているので、
子育てが終わったらバストはまた元の大きさにもどります。

シルエットを作る

産後にバストと体のラインを元の様に戻すには、
まず骨盤を固定できる下着、またはコルセットでできるだけきつく締めましょう。

綺麗なバストを作るには、産後の影響でバストが大きくなっていますので、
普段着けている下着を1カップ大きめな物着けると良いと思います。

その時にできるだけバストをしっかり固定して、
少し垂れたバストを上へと持ち上げる様に着けるとバストラインが綺麗にでます。

女性の体形が崩れる原因は、ほとんどが産後の経過で大きく変わっていきます。

1人目より2人目、3人目とだんだん体形の変化が出てきますので、
体を戻すには産後直ぐに、ダイエットをする事が一番効果がでると思います。

骨盤ガードル

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!