美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

変形バスト色素沈着に”トレチノイン療法”

女性は結婚や出産で体の変化が大きく出てしまう人が、かなりいると思います。

では何が変わってしまうのでしょうか。

まず体型の変化もそうなんですが、

バストの変化に悩んでいる人が意外に多くいる事は事実なんです。

悩む理由には、お産の後赤ちゃんに母乳を飲ませますよね、

その時に大体3ー6ヶ月くらいでしょうか。

離乳食が始まるまでは、大体の人は母乳をあげています。

そのせいで乳首が伸びてしまったり、または変形してしまったり、または乳房の色素が濃くなってしまったりで、子育てを終わってから悩んでいる女性も世の中にはいます。

そんな女性の為に、形成外科が今評判になっているのですね。

色素を薄くしたり、乳首の形成手術をしたりしている女性がいるのですが、

皆さんやはり悩みは同じで、変形したバストを元どうりにしたいと言う理由からなんです。

1、トレチノイン療法

乳頭乳輪の色が出産後黒ずんだ方や、元々色調が黒ずんだ方に効果的だそうです。

老人性色素斑は、トレチノイン軟膏、ハイドロキノン軟膏による治療で比較的短期間で薄くすることができるようですね。

トレチノインは、角質をはがし真皮の再生を促し沈着しているメラニン色素を外に押し出す作用があるようです。

まず悩んでいる方は一度お試しくださいね。

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!