美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

外人と日本人のバスト構造の違い

日本人と外国人のバストは、どこか違う様な気がしますが、
何が違うのかわかりますか。

外国人女性のバストは大きくて柔らかく、意外に下垂気味に見えますよね。
また小さくてバストが離れている女性も少なくありません。

日本人女性のバストは、少し前までは小さくてお椀型が多く見れれましたが、
最近になり食生活の変化で、かなりバストアップしている若い女性が増えていますね。

外人女性と日本人女性のバストの構造

外国人女性のバストは大きくて、とても柔らかいんです。それはバストの構造が違うからです。
食生活が違い、バストは脂肪が多く乳腺が少ないと言われています。

外国人女性のバストアップ法

efa7022fe_s

外国の女性は特にアメリカ人女性はバストをとても気にして生活しているそうです。
その為にはバストアップはとても重要なもので、いかに大きく美しく見せるかを、努力しているそうですよ。

例えば胸の大きく開いたドレスを良く着る女性が使うのは、
コルセットでウエストを締めて、バストアップを強調する方法があるそうです。

また美容整形をして、バストアップさせる女性も少なくはないと聞きます。
それほどまでしても、バストアップは女性にとっては、一番の魅力なんだそうですね。

だからいつも外国人女性はスタイルが良くて、バストアップが美しいのでしょうか。

日本人女性のバストの構造

日本人のバストは、小さくて堅いイメージがある様ですが、
最近ではかなり多くのバストが大きな女性が増えていますよね。

日本人女性のバストは、日本の女性がお米を良く食べる事から、
バストは脂肪が少なく乳腺が多いと、言われていました。

しかし近年になり食生活が欧米化したことで、脂肪が多いバストの女性が増えてきているそうです。



日本人女性のバストアップ法

日本人女性は一昔前までは、バストを隠してできるできるだけ、
胸を強調する服を着たがらなかったようです。

しかし時代がどんどん変化していくにつれて、胸の開いた服を着る様になってから、
下着メーカーが女性を美しく見せる下着を開発してきました。

下着に魅了されて女性のバストアップへの関心が高まり、
美しくバストアップできる下着を選ぶようになりました。

外人と日本人のバストへの関心の違い

外人女性はバストアップにとても関心がある為に、赤ちゃんを産んでも母乳栄養を長く続ける事を拒みます。

母乳栄養を長く続けていると、バストが崩れて来るからです。
また乳腺が少ない為に、母乳を長い期間出すことが難しいとも言われています。

早い時期から人口栄養に変えてしまう事もあるようですね。
母乳を与えていてもバストアップを常に気にしていて、バストケアも忘れずにしっかりやっている様です。

2bea11fb_s

しかし日本人女性はどうでしょう。昔から母乳栄養は誰でもが当たり前に、赤ちゃんに与えていましたよね。
母乳で育てる事が赤ちゃんにとって一番良い事だとわかっていたからなんですね。

しかし子育てが終わると、バストアップに変化は必ず誰でもが出てきますよね。
バストが崩れる事は当たり前でした。

でも気にせず生活していました。女性がバストに関心を持つ様になったのは、最近の事ではないでしょうか。

結婚する女性が少なくなり、子供を産む女性が少なくなる事で、美容に関心が高まり、
だんだん自分磨きをするようになってから、バストアップを気にしてきました。

だからと言って子育てや母乳がバストアップを妨害しているとは言えません。
子育てが終わってからでも、バストアップに関心を持ち、頑張って綺麗なバストを作る事は可能な時代だからです。

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!