美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

女性のがん発症率は年々増えてきています

女性のがん発症率は年々増えてきています。
女性のガンで最も多いと言われているのが以下の順位になります。

乳癌、大腸がん、子宮径がん、卵巣がんですが、
ガンと言っても若いと中々検査に踏み切れなくて発見が遅れる事があります。

最近特に定期健康診断を各県ごとに、
また会社などで義務づけられている様ですが検診は受けたことがあるでしょうか。

ガンの発症は中々症状が現れるものではありません。
症状が出てからでは手遅れになる事がしばしばあります。

特に乳癌などは発見が早い方が良いですね。
乳がんの場合自分で発見してしまう人や、またご主人が発見してくれる事もあります。

ではどんな症状が出たら疑わなければいけないのか見てみましょう。

乳がんの初期症状

1、バストアップしたバストの大きさが左右大きく違う

2、手を上げたりしたときにバストがつる感じがする

3、手で触れたときに硬いしこりを感じる

4、バストの皮膚の一部が変色している

この様な事を少しでも感じたら検査にいく事をおすすいたします。

乳がんを発症しやすい体質

1、母親が乳がんを患った事がある

2、生理が多い、または50歳を過ぎても続いている

3、出産後無理に母乳を止めた

4、出産後直ぐに仕事に復帰した

バストアップと乳癌との関係はとても深く、ホルモンの分泌する量にも大きく差がでてくるのですが、
特に女性は妊娠、出産などを経験していきます。

妊娠や出産で出なければいけないホルモンの量と言うものがあります。
出産を終えるとバストアップして、乳腺が張っていきますが、
それは赤ちゃんに飲ませる母乳を出すためなのです。

この大事な時期に母乳を無理やり止めたり、
また乳線の張りを抑えたりすると、本来出なければ行けないホルモンが出せなくなるのです。

その為に体にたまり悪性新生物と変化を遂げるのです。

しかしその症状が出るのは数年先になり、育児を終えた頃に進出していく事があるのです。
それが乳癌の原因とも言われています。

では独身で妊娠を経験していない女性はならないのか。
独身で妊娠を経験していない女性の方が、発症率は高いとも言われています。

なぜなら妊娠や出産で出すホルモンを出さない状態で生活していると、
ホルモンがたくさん出てしまう事があります。

それが乳癌を引き起こしたり、子宮頸がんを発症させる原因だとも考えられているようです。

女性は思春期から更年期までに出るホルモンの量が決まっているそうです。
生活環境やストレス社会に揉まれていると、なかなか体を意識する事が少なくなりますね。

毎日の生活の中で定期的な健診を受けましょう。

スポンサード リンク

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!