美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

男女のお酒の影響比率

春の兆しが日に日に色濃くなってきたというか、暑くなってきていますが、今年は夜桜お七としゃれこみましたか。じゃ、なくて夜桜見物ですよねー桜は綺麗で癒されますよね。やはり日本人ならではの楽しみの一つですよね。花見と言えば、花を摘みにお酒ですかね。

またこれから暖かくなると、ビールが美味しいたまんないね。ところでお酒を飲む機会がだんだん増えてきます、男性はよく会社帰りに一杯なんて言って毎晩の様に飲んで帰ってみますよね。でも最近では、女性のほうが良く飲むそうですよー私を含めて。

そこでお酒が影響する、男性と女性の体の違いを見てください。

肝臓

肝臓の大きさは体格に比例するので、一般的に女性は男性より体格が小さい分だけ肝臓も小さいです。男性と同じ量のアルコールを摂取した場合、肝臓が小さい女性のほうが分解できる量も少なくなり、肝臓にかかる負担も大きくなってしまいますね。

筋肉

お酒は肝臓に続いて筋肉などでも分解されることになるので、筋肉量が多い男性のほうが分解が速く、女性のほうが血液中の濃度が高くなります。

脂肪

個人差はありますが、女性のほうが男性よりも体脂肪率は高いので、お酒は脂肪には取り込まれにくいので、同じ量を摂取すると、男性より女性のほうが、血液に溶け出す量は多くなります。

体重

男性のほうが体重は多いですよね、これは、男性のほうが女性より体内の血液の量が多いことを意味します。同じ量のお酒を摂取しても、溶け出る血液が少ない女性のほうが、血液が多い男性よりも、血液中の濃度が高くなります。従って女性のほうが、肝臓に対する負担が大きいのです、お酒は量を考えて楽しく飲みましょう。

オルビス

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!