美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

赤ちゃんの食物アレルギーの原因

最近芸能界では妊娠する女性が増えてきましたね。
とてもおめでたい事で自分の事の様にうれしいです。

芸能人はやはり社会に大きな影響を与えています。
結婚、妊娠、出産、などの報道はついみてしまいますよね。

女性は最近結婚年齢が遅くなってきています。
その為に妊娠する確率が落ちている事を御存知でしょうか。

129_s-min

仕事を持つ女性は特に遅くなると言われています。
しかし結婚したら子供がほしくなるのは、女性なら当たり前ですね。

妊娠は女性にとって、一番の幸福な瞬間です。
そして子供と対面した時の喜びは全ての女性にあじわってもらいたい事でもあります。
そんな大事に産んで育てた赤ちゃん、可愛くて仕方がないと思います。

ところが最近小児科外来には多くの、アレルギーをもった赤ちゃんが訪れている事を御存知でしょうか。
赤ちゃんが最も多いと言われるアレルギー症状とは。



赤ちゃんの食物アレルギー
最近の赤ちゃんの10人に1人が食物アレルギーといわれています。
その主な症状はカサカサ、ポツポツ、カユカユですね。
放っておくと長引いたり、悪化したりするので注意が必要ですね。

生後2か月くらいから赤ちゃんの顔や頭などにかゆみの強い湿疹がみられることがあります。
頭や顔、首などにカサカサ、ポツポツができると、かゆみのあまりにかいたり、
夜泣きが続いたりしますよね。お母さんもどうしていいかわからなくなってしまう事があります。

このような症状が2か月以上長引く場合、食物アレルギーを合併しているかもしれませんね。

11c94_s-min

食物アレルギーとは
ある特定の食物を食べたり飲んだりすることによって引き起こされるアレルギー反応で、
その多くが乳児のアトピー性皮膚炎として発症します。

お母さんの食べた卵が母乳中に分泌され、
それを飲んだ赤ちゃんは母乳に含まれる微量の卵由来の成分に対して
アレルギー反応を起こすのではと考えられています。

原因となる食物は、卵のほかに、乳製品、小麦が多く、1歳児ではこれらに加え、
イクラなどの魚卵や魚類が多くなります。

成長するにつれ、食物を消化する働きや腸粘膜の機能が発達し、
原因食物を食べられるようになることが多いといわれています。

しかし、食物アレルギーを放っておくと、症状は悪化して治りにくくなります。

また、アナフィラキシーショックといって、
意識を失ったり呼吸困難に陥るなど命にかかわる症状を起こすこともあります。

発見を早めるには
赤ちゃんのご機嫌を毎日観察することで早い治療や病気の発見ができます。
お医者さんに連れていくことが最も重要ですね。

食物アレルギーの診断
原因と思われる食物を1から2週間程度試験的にやめてみる食物除去試験や、
食べさせてみて症状がでるかどうかをみる食物負荷試験によって確定されます。

この検査は重いアレルギー症状がでることもあるので、専門医のもとで実施されます。

アレルギー検査としては、血液検査が一般的です。

赤ちゃんのアレルギーは親にあり
妊娠した時点でお母さんが毎日何を食べているか。
またお母さんにアレルギーがあるか。などからもお子さんが受け継ぐ可能性が見えてきます。

最近の若い女性はファーストフードを主食にしている人がいる様ですが、
もし妊娠してからこの様な食生活を繰り返していると、
体のなかに小麦や塩分、脂肪分が蓄積されて赤ちゃんの臍帯を通じて栄養分として流れます。

お母さんが食べた物が全て赤ちゃんにいくことを知ってほしいのです。

妊娠に気がついたら、その時からで良いので、規則正しい食生活をしてほしいものですね。

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!