美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

つわりの症状は妊娠3週から11週くらいまで続きます

芸能界のお笑い芸人たちの恋愛が最近目立ってきましたね。
結婚しそうなカップルや現在進行形のカップルなど、皆さんそろそろ結婚適齢期ですよね。

そんな中で結婚した芸能人が、何人か妊娠を報告していました。
またすでに産まれた人もいますよね。どちらにしてもおめでたい話題でうれしいですね。

では女性が妊娠すると変わる体の変化をご紹介いたします。

妊娠中の身体の変化は赤ちゃんが大きくなって、おなかが出てくるだけではないんですよ。

胎児の成長
もともと0、1mmほどの受精卵が10ヶ月後には身長50センチ、体重3000gくらいになる急激な変化で
母体には胎児に栄養を供給するために、体は色々な変化をしていきます。

つわり
つわりの症状は妊娠3週から11週くらいまで続くと言われていますが、これも個人差があります。
つわりは妊娠をすると、HCGヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンの分泌が急激に増え、
それが脳の嘔吐中枢を刺激するために吐き気が起こるといわれています。

つわりの症状
むかつきや吐き気、嘔吐、唾液の多さなどの症状が現れ、においに敏感になったり、
食べ物の嗜好が変わったりすることもあります。

また妊娠初期によく見られる症状をマイナートラブルといい、
頭痛、発熱、眠気、からだのだるさがこれに当たりますね。

ホルモンが増える
妊娠すると、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンプロゲステロンの分泌が活発になるために、
消化管のぜん動運動が妨げられて、胃腸の機能が低下して便秘になったり、肌荒れになるといわれています。

つわりの種類

吐きつわり

一日のある時間帯だけ感じる人から一日中吐き気を感じる人まで、
一度も嘔吐まではいたらなかった人から出産まで毎日吐いていた人など、個人差があります

唾液過多症
唾液が多くなるのはつわりの症状のひとつです。

眠りづわり
無性に眠りたくなるという体験はよく聞かれ、つわりの一種、というよりも妊娠初期の症状の一つです。
食後や車に乗っている時などに特に強く眠気が起こる事がありますね。

食べづわり

常になにか口にしていないと気持ち悪くなる症状の事ですね。


対策として
つわりの時期は個人差がありますが、大体がお腹が空くと気持ちが悪くなる事があります。

妊娠によって食べる好みが変わってくることもありますので、3食しっかり食べなくても良いです。

自分が食べたいものを食べている事が大事です。
例えばなんでも食べなさいと言われたり、魚を食べた方が良いと言われたりしますが、
食べて見て気持ちの悪くなる食材は避けてください。

食べていないと気持ちが悪くなるつわりは、特に朝がダメな様ですね。
その理由としては、朝は血糖値が下がるので気持ちが悪くなります。

人によっては、ベッドのそばにアメやクッキーを置いておく人もいます。
目が覚めたときから気持ちが悪くなる事があるからですね。

そして眠くなるつわりは、特にこの症状は食後が多い様ですね。
眠くなっらできるだけ無理をしないでゆっくり寝てください。

また車に乗っている時にはできるだけ、自分で運転しないで乗せてもらいましょう。
車の揺れがとてもここち良くなり、眠気を誘うのです。

妊娠11週を過ぎると不思議なくらいに、つわりの症状が無くなります。
すると今度は食欲がましていきます。

しかし体重のバランスがあるので、あまり増やさない様にしましょう。

スポンサード リンク

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!