不妊は言わば心と体の病気

不妊治療を公表していた元タレントの山本モナ中西さん35歳が妊娠したことが明らかになりました。

モナさんによると、産婦人科で検診した結果、子宮内に赤ちゃんを包む胎嚢たいのうが確認できたといい、

やっとやっと、おなかの中にベビちゃんがきてくれましたと嬉しそうに報告していました。

しかし35歳以上は流産の危険性も否定できないとし、それが35歳のリアルな妊娠だし、

何があったとしてもしっかり受け止めていこうと思ったと発表を決意したそうです。

今はベビーちゃんの生命力を信じて、毎日を送っていこうと思ってますと綴っています。

女性は誰もが簡単に妊娠できると信じていませんか。いつでも子供は作れると思っていませんか。

これは大変な思い違いなんですね、結婚して子供が欲しいと思っても、なかなかできない。

どうしてかしら。そのうちできるでしょう、そう言って1年、3年経過してしまうと不妊症と呼ばれる様になってしまいます。

不妊治療をしても、なかなかできない、高額で続けられない、そんな事から諦めてしまう人も少なくはありません。

不妊は言わば心と体の病気でもあるのです。

心では世間の中傷や噂、妊娠に対するプレッシャーなどが重くのしかかって、自律神経の影響を受けホルモンバランスを崩してしまう。

体では不規則な食生活や睡眠不足、急激なダイエット、または過食で肥満になってしまった。お酒やタバコを毎日やる。

この様な生活をされていては、決して妊娠は不可能になってしまいますね。

まず生活環境を見直して、ストレスをためない生活をつくって、心が穏やかでいれば、赤ちゃんはきっと貴方のお腹に宿る事でしょう。