美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

妊娠する事による子宮の変化

女性の体は子供を産むためにあると言われますが、まさにそのとおりで子孫を繁栄させる役目があるのですね。思春期を迎え生理が始まると、いつでも妊娠可能な体が作られます。

最近では10代で妊娠する女性もいますが、40代になって妊娠する女性も多くなってきましたね。では女性の体の変化を見てみましょう。妊娠すると子宮はどんなふうに変化をしていくのでしょうか。

その前に子宮の事を詳しくする必要がありますね。

子宮とは

子宮は、女性の体の中でも特に大切な臓器だといわれていますが、妊娠と深く関係しています。子宮は、西洋梨を逆さにしたような形をしています。膣の奥に位置していて、骨盤と5つの靭帯に支えられている臓器です。

平滑筋という筋肉でできており、この筋肉が出産の時には伸び縮みをして赤ちゃんを押し出してくれます。

卵巣との関係

子宮の奥の両端から卵管が伸びており、その先端には卵管采があります。卵管采は、卵巣から排卵した卵子をキャッチする役割があります。

排卵

毎月28日周期で卵巣から成熟した卵子が1つ排卵されます。その後卵管を通じて約5日間かけて子宮に到達します。するとそのころの子宮はまるでふかふかのベッドの様に粘膜が厚くなっています。

しかし残念な事に卵子が精子と結合しないと、子宮内の粘膜が役目を果たしたと思い、外に流れ出てしまうのです。これが生理です。

妊娠とは

妊娠は、排卵から受精から着床という経過をたどり成立します。そして、お母さんの胎内子宮内膜で、受精卵が着床してから発育するまでの状態、およびその経過を妊娠といいます。

子宮の変化

妊娠前の子宮の大きさは、縦の長さ約7cm、横の長さ3cmから4cm、壁の厚さは約1、5cmから2cm。鶏の卵を少し平たくしたような形です。重さは約40g強。それが、妊娠後期になると、長さや幅は約6倍。重さは約20倍にもなります。

容積はというと妊娠前の2mlから、4000mlから5000mlに。なんと2000倍から2500倍にもなるのです。

子宮の筋肉は、人間の体の中でもっとも伸縮自在。出産時には長時間の陣痛に耐える、疲れにくいタフな筋肉でもありますね。子宮の大きさは8か月から9か月頃に急に大きくなっていきます。お腹の赤ちゃんが一番成長する段階だと言われています。

この時期にお母さんのお腹の皮膚に、妊娠線が入る事があります。お腹にひびが入った様に縦線がおへその下あたりから出てくる事があります。この時期はお腹も重くなってくるので、しっかりと腹帯を巻いて固定する事が大事です。

お腹が大きくなると動く動作も機敏にできなくなります。毎日の生活はできるだけゆっくりとおこなう様にしましょう。掃除や洗濯、階段の上がり降りは積極的におこなう事で楽な出産ができると言われています。

出産が近づいた子宮の変化

約10か月かけて全体的に大きくなった子宮は、出産が近づくにつれ、今度は部分的な変化を始めます。それまで赤ちゃんが子宮の外に出ないように硬く閉じていた子宮頸部が、徐々に柔らかく伸びて、赤ちゃんを外に出す道へと変化していきます。

子宮頸部は2種類の繊維コラーゲンでできています。頸部は出産が近づくと、唇くらいの軟らかさになっていきます。お産が近くなると水に溶けるようにできていて、出産時にはさらに薄く長く延びて軟化してまるで薄い紙の様になります。

こうして子宮頸部が軟らかく充分に開きだしたところで分娩が始まると、赤ちゃんはスムーズに下りてくることができるのです。

お産後の子宮

赤ちゃんが産まれ、胎盤が出ると、子宮はいったん、おへそのした、指3本くらい下まで縮みます。

開いた血管をキュッと引き締めて、出血を防ぎます。それが数時間後には、また上昇して、おへその位置くらいまで戻り、あとは日を追って、少しずつ、小さくなり、約6から8週間かけてほぼ妊娠前の大きさに戻っていきます。

開いていた子宮頚管も産後3日目には、指2本が入る程度、産後12日には指1本がかろうじて入るか、というほどにまでに硬く閉じていきます。

母乳と子宮の関係

母乳を吸われることで出てくるオキシトシンというホルモンは、子宮の筋肉を収縮させて、子宮の回復を早めます。産後赤ちゃんに直ぐに母乳を飲ませる事は、子宮の収縮を早めるためでもあるので、できるだけ頑張って母乳を飲ませる様にしましょう。

医療痩身外来 渋谷美容外科クリニック

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!