美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

正常妊娠にする人、異常妊娠をしてしまう人

女性は人生の中で妊娠をする事が一番の幸せだと言われています。もちろん結婚すればだれでもが妊娠を希望すると思います。お互いの事を愛していればこそ、良く似た顔の可愛い赤ちゃんを想像すると思います。

皆さんは妊娠は当たり前の様にできると信じていると思います。しかし妊娠は正常にする人の他に、異常妊娠をしてしまう人もいる事は確かです。ではどうして正常に妊娠しないのか、見ていきたいと思います。

異常妊娠とは

子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜以外に着床した妊娠の事を言います。着床する部位によって、卵管妊娠、腹膜腹腔妊娠、卵巣妊娠、頸管妊娠と4つに分けられますが、98%が卵管妊娠です。

自然妊娠の1%から2%に発生すると言われていましたが、クラミジア感染など性感染症STDの増加で卵管に異常が残っていたり、不妊治療による体外受精などの普及によって、その頻度は増えている傾向にあります。体外受精では、子宮内と子宮外にそれぞれ妊娠する、子宮内外同時妊娠も、全体の中ではきわめて稀ですが、増えてきています。

症状

少量の出血や下腹部に痛みがある場合もありますが、初期には症状はありません。急激な下腹痛とショック状態で病院に救急車で運ばれ緊急手術となることもよくありましたが、最近は妊娠の早期に病産院を受診するので、超音波検査で子宮内に胎のうが見えないことで、子宮外妊娠を疑われ、無症状のうちに診断される病気になりました。

卵管に着床した場合、そのまま流産してくることも多いのですが、発育してくると卵管が破裂することがあるので、特に超音波で子宮の外に胎児の心拍が確認された場合には手術となります。

胞状奇胎

胞状奇胎とは、通常は胎盤になっていく絨毛が、水泡状に異常増殖していく状態で、ぶどう子と呼ばれていた病気です。赤ちゃんは見えてきているのに、一部の絨毛が水泡となる部分胞状奇胎の場合もありますが、ともに受精段階での異常なので、基本的には妊娠を継続していくことはできません。

胞状奇胎自体が稀な病気となりましたが、症状が増悪していくと絨毛癌となり、命を奪うこともあります。しかし現在は治療法も進み治癒することがほとんどです。かつては診断するのも困難でしたが、今は超音波の制度が高まり、水泡化した絨毛が見えるので診断が容易になりました。

正常妊娠

正常な妊娠は、子宮内に着床してから胎のう、胎芽、心拍が確認できて初めて妊娠が証明されます。胎のうは妊娠週数5週ごろから、胎芽は妊娠週数6週ごろ、心拍も妊娠週数6週ごろから確認できるようになります。妊娠検査薬は、妊娠4週ごろから使えるものがありますが、陽性が出てあまりにも早く産婦人科を受診すると、超音波検査で胎のうが見えずに1週間後に再受診になることもあります。

この様に一口で妊娠と言っても、色々な状況で妊娠を確認する事があると思いますが、自分は正常な妊娠ができているのかを確認する必要がありますね。最近では簡単に妊娠反応が調べられる様になりましたね。自分の尿をかけるだけで陰性か陽性かがわかる、妊娠検査薬が手軽に買えるようになりました。

しかし妊娠が分かったからと言って安心してはいけません。早い段階で産婦人科にいき検査をしてもらう事をお勧めいたします。

【通常使用】アヤナスBBクリーム

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!