menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

子供を授かり母親になる意味

女性は妊娠をすると、とても幸せな気分になります。しかし妊娠初期には、つわりがある人もいますよね。そのつわりですが人によってはとても重くつらい時期になることがあります。

しかし4カ月頃にはつわりは無くなり、食欲が出てきます。5か月過ぎると胎動が感じられて、またまた母親は幸せを感じるのです。出産が楽しみになり、早く子供に会いたいと心まちする時期が女性は一番ホルモンが安定している時期でもあります。

出産が近づき陣痛が始まると、とたんに苦しみだします。人によっては暴れたり泣いたりする人もいます。しかし産まれてきたわが子を見ると感動しますね。陣痛の痛みも吹っ飛んでしまいます。こうして女性は子供を産み育てるのですが、母乳を与える、おむつを変える、夜泣きを経験する。

まずここで心が乱れて、体が疲れて泣いてばかりのわが子が鬼に見えてきます。最近では虐待が日常になってきています。子供を授かると言う事は、母親を育てる意味があるのです。子供から学ぶ事がとても多いのです。

命の尊さ、我慢、辛抱、愛情、やり遂げる忍耐、色々な意味をまだ未熟な人生を生きている母親に教えてくれているのです。子供を育てながら親は、本当の人間が作られてくるのだと思います。子供は授かりものと言います。親を選んで産まれてくるとも言われています。

未熟な人間を子供を通じて成長させてもらっている事を忘れないでほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!