menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

若い女性に大腸がんが少ない理由

女性に多いと言われる大腸がん、がんは良く遺伝するとか言われていますよね。でも遺伝だけでは説明が付かないんですよ。女性は男性に比べ生理が人生の半分以上も続いています。そのせいか便秘や下痢を繰り返す人も少なくありません。

しかし生理ががんの原因を作っているわけではありません。主に食生活が原因でがんが発症すると言われています。また女性が社会に進出して来てから、体にかかるストレスも大きな原因の一つでもありますね。若い女性には大腸がんは少ない様です。年齢を重ね生理が終わり更年期に入ってくるとリスクが高くなります。

女性は生理がある時期は、女性ホルモンエストロゲンに体が守られているのです。しかし、がんを発症するにはそれなりの理由があります。まず不規則な食生活やカロリーの高い肉生活、野菜が嫌いな人などは特に注意が必要です。またお酒やたばこをがんがんいく人には、高いリスクがともないますね。

腸内環境を良くするには、まず野菜生活、乳酸菌などを多く摂る様にしてください。閉経になってから予防しても遅いのです。若い頃から心がけて毎日の食生活を充実させましょう。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!