menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

脂肪吸引のメリット、デメリット

女性の肥満はお腹からと言うほど、お腹に脂肪が付きやすくなります。年齢を重ねるほどお腹が大きくたるんでくるのは避けられない様ですね。しかし近年ではその脂肪を美容整形によって、綺麗に取り除こうとする方法が人気を呼んでいます。

その方法とは、脂肪吸引です。脂肪吸引と聞くと、痛いイメージがあると思いますが、脂肪吸引の方法としては切らない方法もあるのです。ではどんな方法があるのか、またそのメリット、デメリットはどうなのでしょうか。まずはメスを使う方法としては、カニューレと呼ばれる細い管を挿入して脂肪を吸い出します。

痛みを和らげるために、麻酔薬も使用します。メリットは。短時間で脂肪を吸引しますので、多少炎症が引くまで時間はかかりますが、お腹のへこみを目に見えて感じる事ができます。デメリットは。麻酔をかけるので覚醒する時間や後遺症などを十分観察する必要があります。

また脂肪の吸引する量によっては、炎症や血管を傷つけるリスクもあり、体の変形が後から出てくる事もあります。メスを使わない方法としては、脂肪溶解注射や脂肪溶解レザーなどで、脂肪を溶かす効果のある薬剤を注入したり、身体の外側から超音波や高周波を照射して脂肪を溶かす方法です。

メリットは、この方法は切開手術が必要ないため、痛みや身体への負担が少なく安全性が高いことです。また治療後、日常生活に戻れるまでの期間が短い事です。デメリットは。溶かした脂肪の排出を人間の代謝能力に任せるため、サイズダウンできるボリューム、見た目の変化についてはかなり時間がかかるようです。

どちらの方法を選ぶかは本人の自由ですが、脂肪吸引をしてもその時だけ痩せたと感じる事はできますが、脂肪はまた直ぐにお腹についてきます。機械的に減らすよりも、毎日も運動や食生活を見直すことが大事だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!