美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

二重の埋没法と切開法の違い

美容整形で一重まぶたを二重に変える方法では、埋没法が良く知られていると思いますが、実は二重を作る方法は、大きく分けて埋没法と切開法の2通りあります。埋没法と聞くと有名美容整形外科がテレビで紹介していた時期がありましたね。まだ記憶に新しいと思います。

では二重瞼を作る方法の特徴を見てください。

埋没法

まずどんな二重にするかを良く聞いてから自分の希望に合った線上で、瞼の皮膚側と裏側を糸で留める方法です。埋没法の長所としては、術後の瞼の腫れが少ないと言う事です。しかし欠点としては留めた糸が外れる事もあるそうです。

埋没法の腫れとしては、泣いたあと目が腫れる様な感じを思い出してください。そのような腫れが大体3日ほどで元に戻る様です。また欠点として留めた糸が外れると言う事ですが、まれに起こるようですが、はずれなければ綺麗な二重が一生続くと言う事です。

切開法

二重瞼にする切開法では、瞼が腫れっぽい、上瞼が厚い、また瞼がたるんできたと言う人に良くおこなう方法です。この方法は瞼の脂肪を切開して取り除く方法です。メスを入れて脂肪を取り除くと聞くと、痛いのではないか、腫れるのではないかなどと心配されると思います。

しかし微小切開なので、跡は残りません。施術後のはれも2日から3日で引いていきます。瞼の余計な脂肪を取り除く事で、瞼がすっきりしてより大きな目を作りあげる事ができます。この様に埋没法は、簡単、痛みが少ない、腫れが少ない、一生二重でいられると言う点から、最近では美容整形に関心をもつ女性や男性が増えてきています。

しかし、どんな美容整形をするにしても、なんならかのリスクはあると思ってください。自分が納得した上で十分な情報のもとで決める事が大切です。美を追求する事は、それなりの覚悟も必要だと思います。現代の美容整形は日々進歩しています。日本の技術は素晴らしい物がありますね。

全身脱毛

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!