空腹が肥満を予防します

空腹

空腹を感じることが、美容につながることをご存知ですか?

その理由としては、空腹になると満腹のときよりも成長ホルモンが多く分泌される傾向にあるからなんです。

女性はとちらかというと間食をすることが好きですよね。

成長ホルモンの分泌が損なわれる

しかし、ここで注意しなければならないことは、お腹が減っている時間を作らないと美しくなれないということです。

つまり、成長ホルモンの分泌が損なわれてしまうということです。

いろいろと北朝鮮が世界中から問題になっているとテレビで報道されていますけれども、チアリーダーともいう美女応援団がいて、大変魅力を感じますよね。

これも空腹からくるものかと思えてなりません。

空腹は体脂肪を軽減できる

空腹を維持するだけではなく、脂分や肉類ばかりを摂取しないように気をつける必要があるのですが、カロリーの摂取を抑えられるので体脂肪を軽減できるのです。

他メリットとして、肥満で悩んでいる方には朗報なのですが、人間食べ過ぎると胃腸に長時間血液が溜まってよどみ、

他の器官への血液供給量が低下。さまざまの病気を誘発する原因にもなりますが、

生きていくためには、糖質も必要なのですが、食べるものがなくなると自動的に自分の脂肪を燃焼しはじめて体重が減っていきます。

また、血糖値が下がり、インスリンの出る量が減ると、脳内のタンパク質が活性化し、記憶力が向上したり、血液が綺麗になったりします。

白血球の働きも活発になっていき、免疫力が高まります。

空腹状態を維持するように心掛ける

このように、お腹いっぱいではなくて、昔から腹八分目といいますが、できるだけ空腹状態を維持するように心掛けてはいかがでしょうか。

そうすれば、このようなメリットや成長ホルモンの分泌も促すために綺麗になっていくのです。

満腹感を得るのではなく、拒食症になるのでもなく、ある程度、ほどほどに食を細くしてみてはいかがでしょうか。

また体調を崩してしまっては意味がありませんし、ストレスも溜まってしまうことにもなるので、無理をして空腹にならないように工夫はしてくださいね。

適切な空腹時間

空腹が身体に良いからといって、長い時間食べないのは当然よくありません。健康的に空腹を保つには、適切な空腹時間というものがあります。

時間的な目安としては、お腹がすいてから約30分から1時間は空腹を保つようにしましょう。

理由は、当サイトでも紹介していますが(サーチュイン遺伝子)体内の細胞内にある遺伝子をすべてスキャンし、壊れたり傷ついた遺伝子を修復するというもので、老化や病気を食い止める働きをするが働くからです。

もし空腹時間の時が辛いと感じたら、お湯や水などを飲んで満腹感をごまかしたら良いと思います。

食事をする食べ物の順番に注意する

つい最近での研究でも明らかなように、炭水化物を先に食べると太ってしまうということは、皆さんはよくご存じかと思います。

炭水化物は砂糖なんです。糖質なので太る原因の一因でもあるのです。

食事をする時には、食べる順番が大変大切です。空腹時には栄養の吸収が良くなっていますので、ごはんや麺類など、糖質から摂ってしまうと太りやすくなります。

従って、野菜や海藻類など低カロリーのもの→肉、魚などのタンパク質→炭水化物の順番でとるように心がけてくださいね。

美容

Posted by キミコ