肌年齢の若さは体温で激変

毎日気温の変化で体調を崩されている人が多いと思いますが、いかがでしょうか。特に女性には乾燥が肌を刺激していませんか。

この時期は保湿をしたり、手入れをしたりするのが大変ですよね。そこで今日は美しい美肌を作るには、質の良い眠りが重要だそうですが、ではどんな眠りが良いのでしょうか。

ずばり美肌を生む眠り方のポイントは、眠り始めの体温にあるそうです。眠る際に体温が急激に下がるようにすることが美容に良い睡眠の基本です。

まず寝る前にぐっと体温を上げることで、眠り始めにはドンと下がるよう促すのが効果的だそうですが。

ではどんな方法なのでしょうか。

1、入浴は寝る1時間前済ませる

2、寝る1時間前にゆっくり、軽く汗ばむ程度のエクササイズやストレッチをする

3、足首をレッグウォーマーなどで温めるのもよい

こうすることで、成長ホルモンがより多く分泌されるようになり、代謝を促進、アンチエイジングや美肌作りにつながると考えられるそうです。

末端は温かいけれど、芯の体温は冷えているという状態は、ぐっすり眠るのに理想的な状態でもあるので、不眠や睡眠の質に悩む人にもこうした工夫はお勧めします。

よく睡眠不足なったり、お酒をたくさん飲んで眠ったりした後は、肌が荒れていた経験があると思いますが、睡眠は健康を左右する大事な要素であります。

質の良い睡眠をとるよう心がける事は、肌を美しく作りだす重要な役割があります。

たっぷりの睡眠をとった朝は、とても肌の調子が良いのではないでしょうか。女性は肌年齢でかなり若さが違って見えます。いつまでも綺麗でいたいですね。

睡眠,

Posted by キミコ