漢方薬やサプリを過剰摂取をしない

漢方薬

世の中薬の時代、昔は 漢方薬を主に薬を煎じて飲むなんて言われた時代もありましたが、

クスリの後発品が人気

最近は西洋医学も発展してきていて、どんな時にもお医者さんを頼りに薬をもらいにいきますよね。

薬を全然飲んでいない人なんていないのではというくらい、それほど世の中の人々は薬を頼っています。

確かに日本は医学がとても進歩していますよね。新しい薬がどんどんできています。

しかしその一方で、医療費が増加して国の負担も増えてきているのが現実ですね。

そんな中で後発剤が今人気を呼んでいることも事実です。

効き目は変わらず、コストが安くできる事から、利用する人が増えています。

お医者さんにかかる人で、毎月病気の治療をしているとかなり高額になってしまいます。

漢方薬の普及が盛んになってきている

最近では普及が盛んになってきているのが漢方薬です。漢方薬と聞くと海外が有名ですよね。

2e9ea7e_s

しかし今日本でも漢方薬を使う人が増えてきています。サプリメントや漢方薬を使う人は副作用が少ない事から人気があるそうです。

その中にバストアップに効果のある漢方薬があるそうです。

そもそも漢方薬は薬草から作られている様ですが、バストアップに効果があると言う薬草や原料は、女性ホルモンの分泌を盛んにする効果があるようです。

エストロゲンはストレスにとても弱い

女性ホルモンは、卵巣から排卵を誘発する役目をするホルモンで、正常な女性であれば毎月1回排卵がおき、それにより妊娠可能な体ができるのです。

しかしこのエストロゲンはストレスにとても弱く、生活環境が乱れたり、急につらいことが起きてストレスがかかったり、

また急激なダイエットをしたりすると、ホルモンの量が減少してしまい生理が遅れたり、来なかったりする事があります。

エストロゲン分泌で妊娠・バスト大きく

毎月排卵が起きると、乳腺が緊張していきます。その為にバストアップされる事があります。

よく生理前に胸が張って痛いと、感じる事があると思いますが、これがホルモンの仕業なんです。

女性がエストロゲン分泌を実感できる唯一の瞬間かもしれませんね。

しかし生理が始まると、バストアップしなくなりませんか。それは体が妊娠していないからなんです。

ホルモンが分泌した時に妊娠すると、バストアップがはじまります。体も赤ちゃんを守る体制が作られます。

プロゲステロンの働き

このホルモンは子宮内膜の状態を整えてくれる、言わば布団みたいなものです。

エストロゲンが排卵を誘発して、プロゲステロンが誘発された排卵を布団にくるみ守るのです。

妊娠をする5日間は子宮の内膜はふかふか状態なんですよ。そこへ精子が入ってくれば妊娠は成立します。

しかし妊娠の可能性がない時には、流れて外に出てしまうのが、いわゆる生理なんですよ。

この時に不思議な現象が起こります。バストアップされたバストが元の大きさに戻る事です。

女性の体は赤ちゃんを産む体に作られています。女性にとってとても大事な2つのホルモンなんですね。

またバストアップには欠かせない重要なホルモンでもあります。

9d0de356_s

漢方薬やサプリでホルモンの補充

残念な事にこの女性ホルモンは、妊娠可能な短い時期にしか分泌する事はできないのです。

30歳を過ぎるとどんどん減少していきます。妊娠可能な時期を体が支配しているからなんですね。

30歳を過ぎてから妊娠しにくくなるのはこのホルモンが減少していくからなんです。

また妊娠しない人でも、ホルモンが減少してしまうと、バストアップ効果が急激に無くなり、体のラインが崩れていくのもこのせいなんです。

女性の体を支えている大事なホルモンを減らさない様にする事、また減少したホルモンを増やす事が、漢方薬だったりサプリメントだったりします。

漢方薬もサプリも適量摂取が大切

女性ホルモンは一生の内に出る量が決まっています。

少なくなったとわかるのにはまず最初にバストアップの低下を感じる様になります。バストを支えているのは、ホルモンなんです。

しかし怖いのが増やしたいと思い、サプリメントや漢方薬を大量に摂取することです。

適量以上に摂取すると、バストアップ効果が出てきすが、これは薬の副作用として体がむくんでしまう事があります。

漢方薬は副作用が少ないと思う事は間違いです。

Posted by キミコ