コンデンスリッチ脂注幹細胞注入法

女性の悩みは尽きませんが、体の悩みで一番気になるところがバストではないでしょうか。

バストの悩みを抱える女性の中で、胸が小さいと悩む人、バストアップが低下した、などと悩む女性はたくさんいると思います。

バストの下垂は必然

バストは女性にとっては女性らしさを表すシンボルとも言えますよね。ツンと張りのある豊満なバストを誰もが理想としているはずです。

しかしそんな若々しいバストアップの時期は、とても短いですよね。結婚、妊娠、出産、育児、特に赤ちゃんを産んだ後のバストの下垂は悲惨なものです。

7c674_s-min

まるで一気に年をとったかの様な、垂れさがりバストに変化しているのです。

そんなバストの変化に、女性らしさを望めなくなることもしばしばありましたね。

しかし子育てに追われて、バストアップのことなど考える暇がありませんよね。気が付いて見るともう40歳を超えていた。なんて事もあります。

ようやく子供から手が離れて、これから自分の人生を楽しみたいと思った時に、鏡で見た自分のバストに愕然とするのです。

子育て後のバストは凄いストレス

子育てが終わった後のバストには、母乳を与えたことからバストに張りが無くなり胸が平らになってしまうので、洋服を来た時にはとてもバランスが悪くなるのです。

女性ならではのふくらみが失われてすまうので、本人にとってはもの凄いストレスになる人もいる様ですね。

そんなつらい悩みを持つ女性が、実際に40歳を過ぎてから、バストの豊胸術をされたそうです。彼女は美容整形外科の門をたたき、理想の豊胸術をお願いしていたのです。

豊胸術のシリコンバッグは不安と苦痛

当時の豊胸術は、シリコンバッグを理想の大きさに合わせて、バストに入れる方法でやっていました。

もちろん、わきの下からメスを入れて、麻酔をかけておこなうものでした。術後は多少の痛みを伴い、またシリコンがバストになじむまでの期間がかかっていました。

患者さんにとっては、不安と苦痛の中での手術だったと思います。

しかしその後10年、20年と月日が経つにつれて、美容整形は著しく伸びてきました。

美容整形を隠れてしていた人達が、今では堂々とカミングアウトする時代へと変わってきたのです。

では現代の美容整形による豊胸術をみてみましょう。

コンデンスリッチ脂注幹細胞注入法

自分の気になる脂肪を吸引し、それを胸に移植する豊胸術なのですが、この方法は気になるお腹や太もも、二の腕にたまった余計な脂肪を吸引して、

バストの気になる部分に注入する方法です。このバストアップ豊胸術ではダイエットにも一役かっている方法とも言えますよね。

バストアップされた胸と引きしまったウエストのバランスがとても綺麗に出て、女性らしい体形を作る事ができるのです。

特徴としては

脂肪注入前に特殊なフィルターを用いて遠心分離することにより、脂肪吸引時に痛んだ脂肪細胞や老化した脂肪細胞だけを予め壊し、

若くて活きのいい脂肪細胞のみを使うことにあるそうです。脂肪豊胸のしこりは、移植した脂肪細胞が壊死した結果です。

それにより、しこりのリスクを大幅に取り除くことができ、さらに、遠心分離して脂肪を濃縮しているので、バストアップに占める脂肪細胞数も多いようです。

しこりのリスクを抑え、かつ最大限のバストアップ効果が期待できると言うのです。

この様に一昔前の豊胸術と現代の豊胸術の違いがわかったと思います。

でも昔は悩んでなやんでどうしてもバストアップをしたいと思った女性しか豊胸手術は受けなかったのでしょうか。

現代に生きている女性はその点、楽に豊胸術が受けられる様に思います。

医学が日本は盛んで日々進歩をとげていますが、綺麗になりたいと思う女性の気持ちは昔も今も何ら変わりはありませんよね。

でも痛いことや苦しい事はできるだけ避けて通りたいものですよね。

豊胸

Posted by キミコ