美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

シリコンバッグと脂肪注入の比較

某TSクリニックでは、豊胸術をする女性に対して特に気をつける方法を教えてくれています。
まず豊胸をしたいと思う女性は、大体が痩せていてあまり脂肪が少ない人が多い様です。

そんな痩せた女性の場合、シリコンバックを入れると形や感触が不自然になったり、
張りがですぎることによって、触り心地がやや固くなったり、動きが少ないバストになり、
仰向けになってもバストが横に流れなかったりするそうです。

皮下脂肪が少ない女性の場合は、体にあったシリコンバックを入れる事をお勧めしている様です。

また逆に、バストの大きい女性が大きめのバッグを入れてもあまり変わりがない様です。

シリコンバッグはたとえ自分が理想にしている大きさを希望しても、
体にあった自然な大きさがあるようですね。

またバッグを入れたくない、自然の大きさにしたい。
そんな女性には自分の脂肪をバストに入れることもあるそうです。

しかしこの場合、ある程度のふくよかな体で、
脂肪をお尻やお腹から採取できる事が可能な体が条件になるようです。

痩せた女性が脂肪注入をしたいと言っても、脂肪を摂取できる体でない場合、
無理にとる事はとてもリスクがありますので、ヒアルロン酸などを入れる事が多いようです。

確かに実際に痩せた脂肪の少ない女性が豊胸手術をして、
バッグを入れた状態で仰向けに寝ると、バストがとても不自然に硬く見えます。

自然に横に流れるバストの方が豊胸しても、わかりにくく、
自分のバストだという感覚で満足できると思います。

豊胸をされるときは、事前に先生と良く相談する事が大事ですね。

スポンサード リンク

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!