美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

サーチュイン遺伝子 、老化や病気を食い止める働き

現代社会では飽食時代となっていて、常に食材が手に入り食べたい時になんでも食べられるなんて贅沢な世の中になっているのでしょうか。

その為に食べ過ぎや飲みすぎ、肥満、高血圧、糖尿病、コレステロールが高い、などなど現代病と言っても過言ではない世の中になっています。

そんな現代社会で空腹を味わった人が何人いるでしょうか。お腹を空かして困っている人は少ないと思います。しかしその空腹が健康に結びつく事がわかったのです。

お腹が空いても30分ガマンー空腹で体が若返る、驚きの理由が研究の成果を上げているのです。グーッという音はもちろん、お腹が空いたままでいるのは心地よくはないものですよね。

しかし、実は空腹時こそ、体にとって重要な時間であることが最近の研究で明らかになりました。当たり前になっている健康常識、1日3食、規則正しく神話はもう古いのです。

腹ペコタイムの健康効果を知れば、食事の回数や時間にこだわらなくても大丈夫。そんな、目からウロコの空腹新説を紹介致します。空腹時こそ、ある遺伝子が働く唯一のチャンスなのです。

それがサーチュイン遺伝子と呼ばれる生命力遺伝子なんです。

サーチュイン遺伝子とは、体内の細胞内にある遺伝子をすべてスキャンし、壊れたり傷ついた遺伝子を修復するというもので、老化や病気を食い止める働きをする遺伝子なんです。

また、空腹時には代謝促進や、肌のターンオーバーといったエイジングケアの役割を担う成長ホルモンも分泌されます。空腹の状態を適度に保つことが、若々しい体や、病気になりにくい体をつくるカギを握っているそうです。

いかがですか、食べたいだけ食べる時代は卒業しましょう。自分の体を末永く持たせるには、適度の空腹を保つ事をお勧め致します。健康で長生きをしましょうね。

ホワイトラグジュアリー

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!