美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

内臓肥満にならないための食生活

タンパク質の効果が意外なところに光をあてていました。

東京大学ではメタボリックシンドロームの研究をしたいたところ、
中性脂肪蓄積を抑制するタンパク質AIMが肝臓においてがん細胞を選択的に除去する事が明らかになりました。

タンパク質AIMが肥満や脂肪肝の進行を抑制するということです。
しかしAIMの血中濃度は個人差があり、年齢、性別によって変動する事があるそうです。

またいくつかの疾患によって変動する事もあるそうです。
メタボリックシンドロームは、内臓肥満のなりやすさに問題があるそうです。

内臓肥満を作らない為に必要なのが食生活ですね。
規則正しく食事を摂る事で肥満を予防できるのですから、
普段から甘いジュースやファーストフード、などは果物の大食い。

これらを改善して、脂肪を作らない食べ物、タンパク質を毎日摂る事で、
脂肪が燃焼して筋肉や骨が作られ、太りにくい体に変わっていきます。

一口にタンパク質と言ってもわかりにくいと思いますので、どんなものが良いのかを、ご紹介いたします。

タンパク質の豊富な食材

鶏肉、豚肉、納豆、白身魚、枝豆、豆腐、ゆば、揚げ、牛乳、高野豆腐、チーズなどです。
これらの食材を上手に毎日の食生活に取り入れて食べる事が大事です。

ただし毎日同じものばかりを大量に摂取すると、尿タンパクと言って尿にタンパクが出る事が、
稀にありますので気をつけてくださいね。

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!