menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

食生活が欧米化してから女性の体の変化

昔の女性と言うと、いつ頃って考えると、そうですね。大正から昭和の初期にかけての女性を、現代女性と比べて見ましょう。大正時代の女性のバストはかなり豊満な人が多い様に思います。

なぜなら大正時代の下着に注目してください。今の様にブラジャーと言うものは、まだどんな女性も着けていませんでした。そして女性は若い頃から子供をたくさん産んでいたんですね。
 
常に母乳を与えていたせいかバストはいつも豊満で、母乳が良く出たんですよね。この時代の女性は子育てと生活に追われて、バストのケアやおしゃれを一番できない時代にあったのではないでしょうか。

昭和になって、女性の意識が少しづつ変わり、バストを抑える下着や、またおしゃれにも関心が高まってきた頃ですね。しかし日本の女性は意外とバストが大きい、言わばキョニュウは少なかったようですね。

それはやはり日本の食生活にあると思います。お米を食べ魚や野菜、和食の生活が主体だったからではないかと思います。世の中はどんどん変わり、食生活が欧米化してから、女性の体の変化が現れていると思います。

成長は早く、10代でもかなり大きなバストをしている人が増えていますよね。時代が変化すれば、人間も変化するのですね。まあ、バストは小さいよりも大きいほうが良いと思う人がいる限り、これからの女性のバストの変化も楽しみなんでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!