自分をコントロールし健康的な食生活

最近では日本人の食生活が見直されていますね。

ご飯や麺パンなどの主食、肉魚豆腐卵などの主菜、野菜のおかずなどの副菜、プラス汁物ながそろっていると、食生活のバランスがよくなります。

ダイエットに取り組んでいる方は、ご飯などの主食を抜いてしまう人が多いと聞きますが、よくありません。

特に1日に摂取する総エネルギーの半分以上のご飯などの主食で摂るのことで、食生活のバランスがよくなってきます。

また、ご飯は100gで約160キロカロリーほどのカロリーなのですが、中にはご飯を食べずにおかずでお腹を満たす方がいらっしゃいますが、

かえってカロリーが高くしてしまうこともあるのです。

主食を食べないと、すぐにお腹が空いてしまい、間食に手がのびることにもつながり肥満の原因ともなってしまいます。

不足しやすい食物繊維も、ご飯に玄米や雑穀を混ぜて炊いたりすれば手軽に補うことができますよ。

玄米や雑穀で、食物繊維やビタミン類を補えますが、

昔から、よく噛んで食事をすることが大事と言われているように、噛み応えがあるものなので、自然と噛む回数も増え、食べすぎを防ぐよう働いてくれるという一面もあります。

毎日の生活の中で食生活は一生続けなければなりませんよね。

極端なダイエットなんかせずに、食事の頻度と回数に目を向けていけば、うまく自分をコントロールでき楽しく健康的な食生活を送れるのではないでしょうか。