美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

バストアップ効果UPの基礎知識

バストが最近変化してきた。と感じる年齢は様々ですが、またその人の生活習慣や環境によって様々ですね。

バストアップが思う様にできないと思う女性は、密かに世の中にはたくさんいると思います。

その中でバストアップに効果的な方法を色々考えてみたいと思います。

1、バストの構造

バストはまず皮膚、乳腺、クーパー靭帯、大胸筋、乳房内脂肪組織、乳頭から形成されています。

またバストアップに重要なのは、女性ホルモンエストロゲン、プロゲステロン、成長ホルモンです。

1、皮膚に張りを持たせる

バストアップを強調するには皮膚の張りが重要になってきますよね。どんなに大きなバストでも張りが無くしわが目立つのでは魅力を感じませんよね。

そこでオイルマッサージやリンパマッサージなどがあります。

マッサージ

1、オイルマッサージ

バストアップを意識して、お風呂に入った時が効果的だとおもいますが、お風呂はぬるめのお風呂をお勧めします。

バストアップマッサージをする時には、水分が体に残った状態で、オイルを軽く塗り優しくバストを下から上へと上げる要領でマッサージしてください。

入浴中のマッサージの利点は、体が温かくなると新陳代謝があがり、血液の循環がとてもよくなります。

そこで温まった体に、薄い保護膜を作る様に優しくバストアップマッサージをする事が効果をあげる事になります。

1、バストアップにリンパマッサージ

バストを囲む周りのリンパを刺激することでバストアップに効果があります。

バストの周りには、多くのリンパが流れているので、マッサージすることで、血液の流れが良くなります。

皮膚の新陳代謝が活発になり、また乳腺を刺激するのでバストアップにはとても効果が期待できると思います。

リンパをマッサージすることで肩こりや冷え症までもが解消できるので、お風呂から出たら直ぐにバストの周りのマッサージをしてみてください。

自分でやるときはまずバストアップを意識しながら、わきの下からバスト中央へ、バストの下から上へ、バストを円を描く様に丸く、最後に中央への順番で行ってみてください。

1、乳腺に張りを持たせる

乳腺に張りを持たせることでバストアップに大きな効果があります。

バストは脂肪と乳腺から作られていますが、それをコントロールしているのが女性ホルモンです。

ではどうしたらバストアップに効果的な方法があるのか、と言うと脂肪をつけることも大事ですが、太る事で脂肪は自然についてしまいますよね。

ただ太れば良いってもんでもありません。太る前にまず乳腺を刺激する食事療法をしてみる事もバストアップ効果を期待できます。

1、バストアップに効果的な食事

バストアップに効果的な食事療法は、女性ホルモンに関係してきます。女性ホルモンを分泌させる食べ物を紹介いたします。

大豆製品、乳製品、ナッツ類、キャベツ、豆腐、湯葉、納豆、白身魚、鶏肉、などがあげられます。

この様な食材は女性ホルモンの分泌を促してくれると言われています。

刺身

またお魚やお肉にはタンパク質が豊富に含まれていますので、バストアップには効果的です。

乳腺に張りが出るとバストがアップして豊満な女性らしい、バストが作られるのです。

1、バストアップさせるクーパー靭帯

バストアップに大きな影響を与えているのが、このクーバー靭帯です。

バストが下垂しない様に守って、いつまでも張りのある胸を支えてくれているのです。

ではこのクーパー靭帯はどんな事から失われていくのでしょうか。

女性にとって妊娠、出産は人生でとても重要な事ですよね。赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたいと誰でもが思う事です。

それはとても良い事なのですが、育児から離れたときにやってくるのがバストダウンです。

張りのあったバストが見るも無残に下垂し始める現実を目の当たりにしたときに、このクーパー靭帯が破壊されているのです。

1、クーパー靭帯回復方法

バストダウンを嘆いていても仕方がありません。

クーパー靭帯を早い段階で回復させる方法もあるのです。

それは母乳を離れたら直ぐに、乳腺を復活させる事にあります。乳腺を復活させるにはバストを冷やさない事ですね。

ゆっくりお風呂に入って優しくバストマッサージをしてみてください。

その時に乳頭を少し刺激するとようでしょう。刺激によって乳頭から広がる乳腺が張りを取り戻す事があるからです。

1、バストアップさせる大胸筋

大胸筋トレーニング

バストアップには良く筋トレが良いと言いますが、それには理由があります。

やみくもに筋トレをすれば良いと言う物でもありません。

バストを支えているのが大胸筋ですが、その大胸筋の上に脂肪と乳腺でできた重い物が乗っているのです。

女性は胸の筋肉を鍛える事は難しいと言われています。

しかしアスリートやスポーツ選手などは毎日のトレーニングは半端ないですからね。

それと同じ筋トレは普通の女性には必要ありません。バストアップできるくらいの運動で十分です。

それにはまず姿勢を正す。これだけでも良いと思いますよ。毎日の生活を振り返ってみてください。

胸を張って生活していますか。猫背になっていませんか。

そうですバストアップを妨げる原因の一つに、姿勢が悪い事があります。

猫背を毎日続けて生活しているだけでバストダウンが生じるのです。

背筋を伸ばし胸を張って生活しているだけで、バストアップ効果は期待できます。

1、乳房内脂肪組織

バストは乳房内脂肪組織からできていて、ふくよかなバストアップの象徴を作りだす重要な役目をしています。

この乳房内脂肪組織は、ダイエットをしたり不規則な食生活をしたりするだけで、減少していきます。

間違ったダイエットや食事の制限をすると、体は脂肪を燃やしてしまい痩せていきます。

すると一番最初にバストアップダウンをおこしてしまいます。

痩せると同時にバストも小さくなっていくのは、乳房内脂肪組織が減少するからなんですね。

大豆

この乳房内脂肪組織を増やす為には、乳製品や大豆製品を摂る事が大切ですね。体のバランスも悪くなってしまうので気をつけましょう。

1、女性ホルモン

バストアップには女性ホルモンなしでは、語れませんが、これは女性としての体作りには大きな影響があります。

女性ホルモンには、エストロゲン、プロゲステロンがありますが、このホルモンのおかげで女性らしい体やバストアップが作られているのです。

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!