美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

ビタミンとバストアップ

ha-bu

ブラックコホシュとバストアップ

北アメリカ原産のハーブの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンの作用を持った植物で
現地の女性はこれを乾燥させ、お茶としてのんでいたそうです。

そうです、そのせいか婦人病が少なく、美しく張りのある、バストの大きな女性が多く見られたようです。

そこに目をつけて女性用のサプリメントが開発されたそうです。

生理不順や更年期障害、または乳がんや子宮がんなどの予防にも効果があり、
女性にとってはうれしい美肌やバストアップには欠かせない女性ホルモンを活発にする
イソフラボンの作用も持っている為、効果が期待できるサプリメントです。

長い間服用していても副作用はほとんどないそうです、
婦人病を予防できてふくよかなバストを手にいれる事ができたら最高ですね。

プエラリアミリフィカとバストアップ

タイの北西部の山岳地帯の植物で、そこに住む女性が肌が白くバストが大きく、
プロポーションがよいことから研究されたサプリです。

成分の中には、イソフラボンやクワクリンなどが入っているために、
貧乳の方や更年期の方には効果抜群です。

女性ホルモンを活発にさせる、イソフラボンはバストを発達させる成分が多く含まれています。

バストが自然のままの生活をしているだけで、大きくなっているなんてうれしい事ですね、
これをサプリメントとして摂取できれば、バストアップにつながります。

女性にはとてもうれしいことです。




アミノ酸とバストアップ

私たち体の60%が水分で、残り40%のうち半分がアミノ酸からできています。

タンパク質は、体をつくる内臓や血液、骨、筋肉などの主成分です、
そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。

アミノ酸は体内に入ると、タンパク質を合成し体に必要な筋肉や皮膚の張り、
毛髪や爪などを健康にしてくれます。

バストアップには欠かせない筋肉、そして美しい肌の張りをつくります。

アミノ酸が不足すると、イライラや肌荒れなどさまざまな症状があらわれます。
毎日の食生活をバランスよくとるようにしましょう。

ビタミンAとバストアップ

ビタミンAが欠乏すると、目が見えなくなったり、
皮膚の張りがなくなり乾燥肌になったり、骨や歯の発育不全になったりします。

バストアップにも影響して、胸の張りがなくなり皮膚が衰えてきます。

美肌を保つにはとても大切なものです、
ビタミンAを十分摂取することで発ガンを抑制する効果や成長の促進などがあげられます。

ビタミンAを多く含んだ食品には、鶏肉、レバー、うなぎ、ほうれんそう、にんじん、ブロッコリーなどの
緑黄色野菜や、牛乳、チーズ動物性の食品などをバランスよく摂取することが大切です。

緑黄色野菜は、油で炒めて食べると吸収力がよいのでお試しください。

ビタミンEとバストアップ

ビタミンEは抗酸化作用の強い脂溶性ビタミンで、血液や筋肉などをつくり、血液の循環をよくして肌のはりを活発にし、
動脈硬化を防止し心筋梗塞や脳卒中を予防する効果がある他、心臓や脳血管などにおこるさまざまな生活習慣病を予防します。

ビタミンEが欠乏すると、血行障害がおこり、肩こり、頭痛、しもやけ、冷え性、など
またホルモンのバランスが崩れ更年期障害などが起こり老化の原因になります。

バストアップにはもちろん、筋肉や肌が張りをもち、ふくよかなバストがつくれます。

ビタミンEは食品では、かきなどの貝類や、海草類などが上げられますが、
吸収が短いためサプリメントなどを利用するのもいいでしょう。

hadakirei

ビタミンBとバストアップ

ビタミンB群、水溶性B1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12、Cがあげられる、
水溶性では摂取しても排出が早く体の中に貯まらないものです。

これらは体を造るエネルギー源で、糖質、たんぱく質、脂質を活用するために必要なものです。

不足してくると疲れやすくなり、やる気が薄らいだり、皮膚が衰えて乾燥したり、筋肉の張りがなくなったりします。
バストアップにはとても大切な栄養素です、筋肉をつくり、皮膚の張りを活発にする為には欠かせない食品です。

多く含んだものでは、緑黄色野菜や果物など、
これらの食品は熱に弱いために調理方法を工夫して、摂取するように心がけましょう。

ビタミンB6とバストアップ

ビタミンB6は、たんぱく質を分解しアミノ酸を合成させる働きをします、
髪の毛や皮膚、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があります。

その他に、神経を正常に保つ効果もあります。

女性は生理前の排卵期に、エストロゲンが出るために、
B6が減少するとイライラや吐き気、頭痛などの症状が表れます。

ビタミンB6が不足すると、皮膚炎、口内炎、蕁麻疹や湿疹などの症状があらわれます。
末梢神経では、足がつったり、手足がしびれたりする事もあります。

ビタミンB6を多く含んだ食品では、かつお、サケ、秋刀魚など魚類の他、
イモ類、バナナ果物や野菜などがあげられます。

摂取することで症状が軽減します、毎日バランスよく食べるよう心がけましょう。

女性ホルモンのバランスを保ちバストアップには、心強いビタミンの一つです。

ビタミンB12とバストアップ

ビタミンB12は、悪性の貧血を予防する性質があります、
葉酸と協力して赤血球が正常につくられるのを助ける作用があります。

欠乏すると悪性貧血の症状があらわれます、動悸、息切れ、だるさ、めまいなど、
そのほか神経過敏うつ状態などと、神経細胞にまで影響をおよぼします。

少しの事でイライラしたり、何にも手につかなくなったりと、気分の変化が激しくなります。

そんな時な摂取して頂きたい食品が、レバーなど肉類、牡蠣、あさり、サンマなど
貝類や魚類をおすすめします。

血液やたんぱく質、脂質などをつくるためにバストアップにはとても大切な成分です。

女性は毎月生理がある為に、貧血になりやすく血行障害による手足の冷えなどに
悩まされがちですね、

毎日の食事の中で体を温めるような食事の仕方を工夫してみてはいかがでしょうか。

体を温める事で、血液の循環がよくなり心地よい睡眠ができることでしょう。

bitamin

ビタミンCとバスとアップ

ビタミンCは、壊血病を予防する水溶性ビタミンで主に果物などに多く、
免疫力を高め、風邪やがんの予防に効果があるそうです。

ウイルスと戦う白血球を強化する効果があり、免疫力の向上をはかり、
風邪をひきにくくする働きがあります。

その他がんを予防する、発がん性物質を抑える効果もあるそうですよ、
またコラーゲンの生成に必要な栄養素です。

バストアップには大事なコラーゲンやはだの張りとつやを保つには、
とても大事な栄養源となりますね。

ビタミンCが欠乏すると、肌の張りが衰えたり、しみやそばかす、が増えたり
またコラーゲンの合成がうまくいかなくなったり、骨や筋肉が弱くなったりします。

症状としては、疲労感、脱力感、アレルギーや風邪をひきやすくなったりします。

摂取して欲しい食品では、野菜や果物、サツマイモやじゃがいもなどの
イモ類を特に冬場にはたくさん採ってほしいでしね。

女性の美肌にとっては、ビタミンCの摂取はとてもだいじです。

ビタミンとバストアップ

ビタミンには脂溶性と水溶性があります。
脂溶性ではA、E、D、Kなど水溶性ではB1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12、Cなどで。

ビタミンは、私たちが生きていく中で必要な潤滑油的な栄養素で、命に大切なものです。

欠乏すると情緒不安定、皮膚炎、口内炎、視力低下、貧血、心疾患、骨粗鬆症などの症状があらわれます。

ビタミンは、肌の張りや、皮膚の張りを活発にするためには無くてはならないものです、
バストアップには特に必要な栄養素です。

女性の美しさやふくよかさを出すには、毎日の食生活がとても大事です、
バランスのとれた片寄らない食事を採る事を心がけましょう

関連記事

スポンサード リンク

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

美容ブログ バストアップ

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!