美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

バストの構造と役目

人間には必ずバストが体についています。男性にも女性にもバストはありますが、それぞれ役目は異なりますよね。女性は思春期に入るとふくよかになりますが、男性はなんら変わりはありません。しかし女性には思春期と共にバストアップされ続けていくのです。女性のバストはいろいろな役目を持っている事を御存知でしょうか。

ではバストの構造と役目をお話いたします。

バストの構造

バストは第2肋骨から第6肋骨の範囲で発育し、一般に大胸筋の上に乗っている様な感じです。思春期になると、卵巣から出される卵胞ホルモンが盛んになり乳腺組織が発達していきます。それと同時に体が女性らしいふくよかさを出し、乳腺の周りに脂肪が付いていき、バストアップされていきます。

またそれと同様に必要なのが女性ホルモンですね。バストアップには欠かせない重要な働きをしてくれます。

女性ホルモンとは

女性ホルモンには卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。これは女性の生理をつかさどる重要なホルモンですね。よく生理が近づくとバストが張ってきますよね。女性なら誰でもが経験していると思いますが、これは脳下垂体から分泌された性腺刺激ホルモンによって女性ホルモンが分泌されるからです。

脳下垂体から分泌された性腺刺激ホルモンは、卵巣と子宮につながっていて、バストにも大きな影響を与えます。それはバストアップです。ではこれからバストの役割についてお話いたします。

バストの役割

そもそもバストは赤ちゃんの為のものだと言われていますが、そこまでいくにはまず必要不可欠な男性の存在ですよね。男性は目で興奮すると言われていますが、まず女性のふくよかなバストに喰いつく事からはじまりますよね。結婚して赤ちゃんができると、女性のバストはどんどん活躍していくんですよ。妊娠が分かるとホルモンが盛んになり、バストアップを作る乳腺が発達していきます。

それと同時に乳腺を包む脂肪も盛んになり、どんどんバストアップした状態になり、出産が近ずく頃には普段の3倍もの大きさにバストアップされます。この時期が女性は一番幸せな時間を過ごせるのです。女性ホルモンが盛んで体と心が安定する時期だと言われています。

イデアアクト・プラチナVCセラム

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!