バストの大きさを維持する手段

最新のしみ・たるみ改善ならエルクリニック
最近思う事は、1年1年には勝てないなと言う事ですね。

それは体力の低下、体の崩れ、筋肉の低下、バストサイズダウンなどですね。

仕事をしていても、体力が落ちているのか直ぐに疲れてしまったり、若い頃に着ていた服が合わなくなっていたりします。

それは当たり前でしょう。と人に言われてそうか、もう年だしね。で終わってしまう。とても悲しい事ですが仕方がない事だと諦めています。

女性の若年期から老年期

女性の体は20歳までが一番綺麗な時期ですよね。30歳からだんだん老化に向けて進んでいるのです。

40歳、50歳、の頃にはかなりショックを受けるほど崩れています。

9ac187min

では年齢によってどのように体は変化していくのでしょうか。またバストアップの変化にも注目してください。

バストが一番綺麗な時期

10代では体の細胞が一番活発に作られていきます。

脂肪よりも筋肉の方が作られていき、運動をすることで、体の引き締まりが出て、またバストが一番綺麗な時期とも言えますね。

妊娠が可能な時期

20代になると体は妊娠可能な準備をしていきます。女性の体は妊娠をして出産をするようにできているからです。

この年齢では体に女性ホルモンが盛んに分泌するために、女性らしいふっくらとした体が作られます。

それは赤ちゃんを育てやすくするためだと言われています。脂肪もつきバストアップはふっくらとして、母乳を出せる状態にしていくのです。

出産や子育ての時期

30代になると出産や子育てが待っています。この時期女性の体のバランスが一番崩れやすくなります。

それは子育てや毎日の生活の中でのストレスが原因になる事があります。

この時期に女性は自律神経のバランスを崩し、イライラや激太り、激やせなどの体の変化も出てきます。

すると必要以上の脂肪がついてしまい、バストが崩れていきます。

体のバランスを崩す時期

40代になると子育ては安定していきますが、今度は子供にお金がかるなどの原因で、しばらく休んでいた仕事を始めたりして、

生活環境がかわるのでこの時期も、女性は体のバランスを崩す事があります。

女性の体はホルモンに支配されているので、とても微妙にバストアップに影響していきます。

ここから女性の体は大きく変化していきます。更年期障害がでやすいのがこの40代ですね。

ホルモンバランスが崩れて生理が遅れたり、そこからお腹に脂肪がついたり、お尻が垂れたり、運動不足になりがちになり、おばさん体形が作られていくのですね。

生理がほとんど終わる時期

50代になると生理がほとんどの女性は終わりに近づき、このころは脂肪がどんどん体についていきます。

運動量も減り、基礎代謝が落ちることでやせにくくなり、バストアップダウン、ウエストはお腹が出て引き締まりが消えていきます。

生理が終わると女性ホルモンは減少してしまう為に男性ホルモンが増えていく事があります。

そのせいでひげが濃くなったり、顔や体にシミがでたりしていきます。

この様な現象は誰にでもおこる事なのですが、女性としては鏡を見る事がつらくなりますよね。

できればいくつになっても若くて綺麗な体を保つ事が理想ですよね。

老いを阻止することはできない

しかし体が老いていくことを阻止することはとても大変な努力が必要になっていきます。

年齢を重ねても若々しい体を作るのは、日ごろの運動や生活環境にもの凄く気を配る事が大切になるからです。

女性がバストの大きさを維持するには、筋肉を落とさない事が大事です。でもアスリートではないので、毎日筋トレをする事はできませんよね。

バストアップを維持する事は筋肉を鍛えるほかに、自分に合った下着を選ぶ事です。

バストの大きさを維持する手段

134f2min

老いていく体を維持しながらバストアップを望むには、体の脂肪を引き締める強制下着を身につける事です。

良く若い頃におばさんが、きつい下着を付けているのを良く目にしていました。

それは自分がそのおばさんの年齢になったことで全てが解決していくのですね。

下着をうまく見せる

体のラインが崩れる事は仕方がないので、それを上手く見せるのが下着なんです。

バストがアップして見えるだけで、若々しい体を作ることができるからですね。

年齢に逆らえないのは仕方がない事ですが、自分をごまかす事はたくさんの手段があります。

女性を美しく見せるアイテムを上手に使って若々しい体作りを心がけて、毎日を楽しく過ごしてくださいね。