美容整形、バストアップ

menu

美容整形、バストアップへの関心ブログ

美容に関心なく鏡を見ない女性の結末

世の中は何処を見てもアイドル時代と言っても良いほど、可愛い女性がたくさんいますよね。しかも皆さんスタイルが良くて、可愛くてとにかく目立つのがバストアップですよね。

バストの形がとても良く、どんな衣装を身につけてもバランスが取れて素敵ですよね。もちろんアイドルと呼ばれるからには、スタイル、顔、バスト、身長の全てが整っている女性を選んでいると思いますが、うらやましい限りですよね。

fc31ff51c70e_s

では現代女性にバストが大きく多い理由を考えてみました。

食事によるもの

日本の食生活は戦後どんどん変化していきました。昭和になり食材がかわり生活も安定してくると食生活も贅沢になってきましたよね。日本食から洋食へと変化していき、野菜からお肉に変わり、低カロリーから高カロリーに変化していきました。

若い女性の間では、ファーストフードが流行り、マクドナルドやケンタッキーで、食事をするのが楽しみになっていきました。時代はどんどん変化して、食事の贅沢から肥満な人が増えてきましたね。

ファーストフードを毎日食べていると、かなりカロリーが高いので、体に脂肪が付きやすくなります。女性は同時に体重がどんどん増えて、バストアップされた体ができあがっていきます。

バストが大きくなったと勘違いして、喜んでいても脂肪がその分たっぷりとついてしまっています。

下着選び

女性の下着はたくさん種類がありますが、その中で自分に合う下着を見つける事はとても難しいと思います。女性はおそらく自分のバストサイズを年齢別に見ていないと思います。

毎年バストサイズを測り、自分に合う下着を選ぶ事ができずに、いつも使っているサイズを覚えていて、そのサイズだけで購入している人が多い様ですね。

しかし現代女生、そうですね、若い高校生や大学生の方が、バストアップに関心が高く常に新しい下着を見て歩いたり、自分のバストサイズを詳しく知っています。

だからこそ自分に合う下着を上手に付けておるので、綺麗なバストアップが作られるのでしょうね。自分をいかに綺麗に見せるかを常に研究している様ですね。

バストアップに関心を持つにも年齢層があると言う事でしょう。

環境で作られる

環境は日常の生活にはとても重要な要素がありますね。特に体のつくりや健康、美容などにどのくらい関心があるかで全然違っていきます。

まず美容に関心がない女性の場合ですが、鏡を見ないですよね。すると女性ではなくなり、男性化してしまう事がありますね。鏡を見ないと、顔や体に神経がいきませんよね、すると女性ホルモンがだんだん減ってきてしまい、男性ホルモンが盛んになる事があります。

すると女性の体はどうなるかと言うと、毛深くなり、バストがどんどん小さくなって、男性らしい体になっていき、肩幅も広くなる事があります。

女性が美容に関心を持たなくなると、体は敏感に変化してしまうからなんですね。一番最初にバストが小さくなり、下着を付けなくてもいられる様になってしまいます。

美容に敏感な生活

美容に敏感と言うと、モデルさんや芸能人などがいますが、芸能人は美容担当さんがそばで色々アドバイスをしてくれたり、また新しい美容法などの情報も早く、誰よりも綺麗になれる様に努力をしていますよね。

特に体やバストアップなどは、一番気にするところだと思います。バストを大きく綺麗に見せる為に、洋服の着方や下着の上手な付け方なども研究しています。

例えばバストが小さい女性ならば、ドレスを少し絞り、バストラインをアップさせる様に着こなしたりして、スタイル良く、しかもバストアップの綺麗さを出してきますね。

この様に女性は自分にいかに関心があるか、または環境で自分自身を綺麗に見せる事ができるかがわかってきます。女性に生まれた以上は、男性が目を引く様な綺麗な女性でいたいと思いませんか。

若い頃は美容にとても関心があります。また男性の目も気にして、綺麗にしています。女性が男性を気にするときは、まずバストを印象づけるそうですよ。

それは女性が20代から30代と、女性ホルモンが一番活発に分泌されている時期なんです。悲しい事に40代から50代になると、閉経していきますのでホルモンが急激に減少します。

すると不思議な事に、美容の方に気持ちがいかなくなり、食の方に行ってしまうので、中年太りが多くなるとも言われています。女性の皆さん、いくつになっても美容に関心を持ってください。

バストに関心を持ってくださいね。

ずきしらずの実

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ ブログランキング参加中です ↑
応援よろしくお願いします!