バストアップを長期間維持するタイミング

2019 年 7 月 27 日

バストアップをしたいと思う女性は、若い人や熟年層までと幅が広いと思います。しかしバストアップが可能な時期があるのです。ホルモンの関係や、体の変化などで大きく違ってきますね。

バストアップを考えている女性では、メスを使うか使わないかで違いが出ます。

メスを使わない方法

1.筋肉を鍛えて、張りを出す

2.マッサージや刺激を与えて大きくする

3.女性ホルモンの豊富な食材を摂る

4.バストアップエステに通う

5.下着でアップさせる

メスを使う方法

1.美容整形での豊胸方法

2.ヒアルロン酸注入

3.バックを挿入する方法

4.脂肪注入

この様にバストアップ方法は、2種類あると思いますが、できる年齢を考えて欲しいのです。しかし20代から30代にかけて、多くの女性は妊娠、出産、育児という時期を迎えますね。

豊胸手術は妊娠、授乳に影響がないことがクリニックの案内などでは強調されていますが、手術の種類によっては影響を与えることもあります。

一般的に女性は出産後の授乳を終えるとバストのボリュームがなくなる、下垂するなど、バストの形に変化が起きますね。

出産、授乳を終えてからバストアップの手術を受けることが、バストアップした状態を長期間維持するためには最適な時期だと考えられますね。

バストアップ

Posted by キミコ