貧乳でバストアップしたい悩みは尽きませんが、妊娠すると女性ホルモン分泌が活発になり、バストは3倍程大きくなります。

当サイトイメージ画像

貧乳からバストアップ
ライン
貧乳からバストアップへ

貧乳と一口に言ってしまうと、とてもコンプレックスを感じる言葉ですよね。

でも、着物を着ていた昔の人達は豊胸の場合、着物を着ると型崩れがしてしまい 似合わないとされていたんですって。。!

貧乳の人の方が、和服は似合うそうですよ!

が大きい人は、わざと胸にサラシを巻いて着ていたそうです、大きく見せないための工夫なんですね、 なんてもったいない話でしょう。

その後、時代はどんどんと移り変わりバストの小さな人が少なくなり、大きな人が多くなってきた頃には、洋服の文化が広がり、豊胸の人にあった洋服が出てきたんですね。


女性の欧米化

そうすると下着メーカーさんは、貧乳の人用の下着を世の中にだして行ったんですね。

最初はパットを入れたりして、貧乳を大きく見せていたんです。

その後、強制下着やワイヤー入りブラなど、バストアップされるような下着へと、変わって行ったそうです。

昔とくらべ食生活も変化をとげ、和食から洋食へと変わると女性の体型も、欧米化して行く中で 貧乳が少なくなりバストの大きな女性が増えて来ました。

背も高くなり足も長くなって、とてもスタイルの良い体型へと変わって来ていますね。

そうすると体型とバストのバランスが取れなくなります、貧乳より胸が大きいほうが女性らしい体型を保てると言う事ですね。

でも貧乳と言う言葉で悩んでいる人達がいる事は確かですね。

女性の体で一番色気を感じる所は、「バスト」です!貧乳より、ふくよかで豊満なバストは男性の目をも、とりこにしてしまいます。

女性らしい体はまず、バスト、ウエスト、ヒップと言った、3サイズがハッキリしている事です。

バストが大きいからこそ、ウエストのくびれが美しく見えるのですね、鏡を見ながら「もう少し大きくなりたいな」 などと考えた事のある人は沢山いると思います、

皆さんそれなりに貧乳を克服するために努力をして、いろいろなバストアップを試しているのではないでしょうか?


貧乳のメリット

お金をかけないで出来る、運動や水泳、バストのマッサージ、食生活などを変えたりと、貧乳の人なりの悩みは尽きませんが、朗報です!

女性は妊娠すると、卵巣からのホルモン「エストロゲン」の分泌が活発になり、 乳腺刺激ホルモンが盛んになって胸が大きくなります。

赤ちゃんを産み終わると、母乳が出る為に胸は3倍くらいに大きくなりますよ。

そして不思議な事に、巨乳の人よりも貧乳のほうが母乳ってでるんですよ、 母乳を与えている間中バストは大きいままです。

とてもうれしい気持ちになりますね、でも離乳食が始まる頃には母乳を離していかなければなりません。

母乳を与えなくなるとまた、元のバストに戻ってしまいます。

大きい胸の人は母乳を離した後は、胸が垂れる傾向にありますので、産後のバストアップは必須ですね。

このように女性は子供を育てる為に持ち備えたバストです。

昔の人は垂れていてもそのまま放置していましたから、「下がり胸」ようするにおばあちゃんのお乳みたいになってしまいますよね。

今は美容に敏感な女性が多くなってきています、子育てした後でも綺麗でいたいと言う気持ちが強いですね。 なんとか垂れ下がった胸を、元にもどしたいと努力しています。


美容整形のバストアップ

美容整形が身近になった今の世の中で、自分を見直してもう一度人生を歩けたら素晴らしい事ですね。 本当に悩んで現実のものにしたいという方は「豊胸手術」を体験しています。

日帰りで「シリコンを胸に入れる方法」 痛みも少なく、術後は直ぐに生活が出来るしトラブルが少ないことです。

長い間持ち続けたコンプレックスが無くなり、貧乳から豊胸になった自分を目の当たりにした時に、明日からの人生が変わるんですね。 消極的だった自分が、積極的になって行くんです。

洋服を選ぶ楽しさや、外出するうれしさが広がって来ますね。 貧乳の自分を捨て、豊胸の自分とこれから先、生活して行ける幸せにひたれることでしょう。

きれいに貧乳からバストアップされた体を、毎日見る楽しみもありますね。 胸元を強調したドレスや水着を身に着けて、男性の視線を独り占めしてみてはいかがでしょうか?

女性の美への追及はいくつになっても、持っていたいものです、

男性の為の物でもありますが、自分磨きにはかかせない美容を いつまでも追いかけていきましょう。

ライン

▲ PageTop

バストアップラボバストアップラボ