バストアップに大変有効な加圧トレーニングで成長ホルモンを増やす方法

当サイトイメージ画像
簡単バストアップ!加圧トレーニング ライン

加圧トレーニングって何?

一言でいいますと、少ない負荷、つまり腕や足に加圧ベルトを巻いて軽い負荷をかけるトレーニング方法です。

運動することにより短時間で、激しい運動をしたときと同等の効果を得られる運動方法ですね。

具体的には、腕のつけ根と足のつけ根の部分に適正な圧力をかけることにより、血液の流れをある程度制限をして、運動を致します。


成長ホルモンのメカニズム

加圧によって、適度に血流を制限した状態で運動することで、筋肉の中の速筋が活動して、乳酸が作られます。

これは、筋肉が疲れたときに起きる代謝物ですけど、血流が制限されておりますので、筋肉から運び出されることができず、筋肉の中の乳酸値が上昇します。

そうすると筋肉の中の筋繊維と筋繊維の間が酸性になります。これを筋肉の中にある感覚神経が感じて、信号を脳の視床下部に送られます。

視床下部はこれを受けて、脳下垂体に指令を送り、脳下垂体は大量の成長ホルモンを分泌いたします。

年齢と共に、この成長ホルモンは減少していくのですが、加圧トレーニングをすることによって、歳をとられてからでも多量に分泌されるようです。


加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングを行うことにより、毛細血管が活性化されて、乳酸がたまりやすくなります。

バストアップにもかかせない成長ホルモンの分泌も大幅に増えることになりますね。

また、成長ホルモンの分泌が促進されることでシェイプアップやダイエット、アンチエイジングの効果に期待ができます。

また、お肌の弾力性を維持させる働きや脂肪燃焼にも効果があります。

血行がよくなることによって、冷え性の改善や肩こりなどの緩和などにも期待がもてるようですよ。

加圧トレーニングの特徴といえば、一般的な長時間かけての鍛え方と違い、短時間のトレーニングでも効果が現れることです。

筋トレの場合でも関節、筋肉に大きな負担がかからなく、筋力アップも短い期間でできます。

加圧トレーニングは軽い負荷でできる方法ですので、筋肉を痛めないやり方としては最適とも言われていますよ~


加圧トレーニングでバストアップ!

筋肉を鍛えて、バストアップさせるには、大胸筋を鍛えることが重要なんですね。。

バストは、もともと脂肪で出来ています。

その脂肪を持ち上げるには、加圧トレーニングで負荷の少ない運動をする事で下に下がろうとする筋肉をおさえ、軽い付加で筋肉を鍛えることが出来るんですね、

筋肉を傷めずに、楽に運動をしてバストアップさせてみませんか?

年齢を重ねるごとに、重力でバスト自体は垂れ下がってくる傾向にありますが、それを阻止させ、持ち上げる役目を果たすのが、大胸筋なのです。

加圧トレーニングは、激しい運動とは違って、筋肉を傷めずに短い時間で、優しく鍛えるものなのです。

バストアップに関しても他のトレーニングと比較して、いろいろな面で優れていますよ。


芸能人の成果

加圧トレーニングをされている芸能人の方で、釈由美子さんは有名ですよね。

釈さんは10キロ太ったということで、加圧トレーニングをはじめたら、太る前以上にシェイプアップされ、半年で、CカップからEカップへと2カップ、バストアップしたんですよ。。

仕方次第で、こんなにも綺麗にバストアップ出来るんですね。

釈由美子さんを知っている方は、ご存知かと思いますが、加圧トレーニングによって、他の筋肉までモリモリにはなってはいませんよね、加圧トレーニングのやり方次第ではとても綺麗に美しくバストアップすることが可能なんですよ。


資格者の元で加圧トレーニング

加圧トレーニングを始められる方は、我流でされるとトラブルのもとにもなりますので、必ず指導資格者のもとでトレーニングをしてください。

病院、整骨院、エステ、大学、スポーツクラブ・フィットネスなど、さまざまな施設がありますので、問い合わせてみてください。

どうしても自宅などで自分でやってみたいという方は、正しく安全に加圧トレーニングが行なえるよう、購入時に購入セミナーを受講するようになっています。

ライン

スポンサード リンク


▲ PageTop

スポンサード リンク


スポンサード リンク