安全で安価なバストアップ法 ヒアルロン酸注入や脂肪注入法

当サイトイメージ画像
脂肪注入法とヒアルロン酸
ライン
ヒアルロン酸注入法

バストアップの為の豊胸手術といえば、連想するのが、体の一部を切り開いて、シリコンやパックを入れることを思い浮かべるのですが、

時間、費用や他、様々なリスクなどを考えたとき、多くの不安な部分がありますよねぇ~

そこで、登場するのがプチ整形という「メスを使わない豊胸術」というもので、 たくさんの女性がこのバストアップ術の脂肪注入法や簡単なバストアップ術のヒアルロン酸注入に関心を寄せています。

プチ整形と言ったら、顔のしわとりを連想されるかたもいるかと思いますが、 SUB-Qのヒアルロン酸注入のことで、美容外科手術のときにも使われています。

また、脂肪注入法のこともさします。

バストアップの為の注入時間は約30分ほどで、目立たない脇の下の部分から、バストの方に向けてヒアルロン酸が注入され、

胸の形や左右の乳房のバランスを整えたり、バストアップや見た目をよくしたりするなど、細かなこともできるので、 ヒアルロン酸注入や脂肪注入法で理想とするバストを手に入れることもできるんですよ~

キズ跡もほとんど気にならないくらいです。

ヒアルロン酸や脂肪注入法で使う脂肪は人体の細胞の中の成分でもありますから、バストアップの為のシリコンやバックを入れる豊胸手術よりも安全であり安心ができます。

またプチ豊胸で万が一気に入らなかった場合など、時間が経過すれば元のバストに戻るという安心感もあります。

1サイズカップアップさせたいという多くの女性が利用していて、費用のほうは、注射するだけですが、 約5~6万円が相場です。

豊胸手術に抵抗がある方は、こうしたプチ豊胸のヒアルロン酸注入や脂肪注入法を利用してみるのもよいと思います。

ヒアルロン酸注入のデメリット

しかし、ヒアルロン酸注入は、豊胸手術の中で身体に一番負担が少ないく手軽にできる方法であるのですが、 半年くらいで吸収されてなくなりますし、せいぜい1年くらいしかもたないと言われていますので、

豊胸バストアップ効果を長期間維持する場合には、プチ豊胸を何回も受けなければならなく、 値段が高価なのでヒアルロン酸の注入すればするほど、比例して料金があがります。

トータルの費用から考えれば、豊胸手術よりも値段が高額になってしまうことも考えられます。

そこで、ヒアルロン酸を注入するにあたって、賢い方法は、例えば1ヵ月後に結婚式でウェディングドレスを着る場合などで、 豊胸バストアップした体で華やかな衣装をきることをしたりして、

結婚後にご主人にもバレないように徐々に元のバストに戻るという こともできるんですよ~(笑)

ですから、短期的の目標をもってするヒアルロン酸注入に関しては、トータル的に値段も安くなるというメリットもあります。

でもせっかく、豊胸手術をしたからには、少しでもバストアップしたぶんが残ってもらいたいという気持ちにはなりますよね~

脂肪注入法

そこで、そういう女性のために”脂肪注入法”が最近、登場しました。

この豊胸手術法は、自分自身の体の不要な部分、 例えば、お尻の気になる脂肪の部分を吸引してからバストのほうに脂肪注入法で注入することも可能です。

メスを使わない事も大きなメリットで、細い針を使用して吸引した脂肪を脂肪注入法でバストに注入します。

そのため部分麻酔だけで済んでしまい、 手術時間も、1時間~3時間くらいで、施術後の痛みも、ほとんどないようです。

豊胸バストアップをし、ついでに体のボディーラインを美しくし、リスクも少なくしたい。。夢のような一石三鳥の方法でもあります。

メリットとしては、やはり他の豊胸手術より非常に安全性が高いことと、 量には無関係で部位ごとに一定の値段で脂肪注入法でできることがあげられます。

脂肪注入法デメリット

しかし、良いことばかりではなく、多少のデメリットもあります。

普通、バストに5~6割の脂肪が残ると言われていて、 AカップがDカップに豊胸した場合、時間が経過して、体に脂肪が吸収されるのですが、平均でC~Bカップの状態は残るようです。

しかし、数少ない事例ですが、脂肪注入でのバストアップ効果が、なくなってしまう場合もあります。

人間の体というものは不思議なもので、本来ない貧乳の箇所に脂肪がついていると吸収しようと働いてしまいます。

脂肪の吸収力の早い女性で、3ヶ月くらいでバストアップ効果が無くなってしまう場合もあるようです。

このようにバストアップ効果、持続性の部分で多少のリスクはありますので、

やはり、安全性や使用方法をとても良く理解している
美容整形外科やクリニックで、 相談やカウンセリングを受けられることをおすすめします。

ライン

▲ PageTop