バストアップの仕組みは、乳腺組織、脂肪、大胸筋、筋肉と皮膚です

当サイトイメージ画像
バストの仕組
ライン

バストの仕組

バストって人それぞれ大きさや形が違いますよね。

成長段階や生活環境などのよっても、異なってきます。

しかし違わないもの、どんな女性でも同じ事があるのですね。

それはバストアップの仕組みです。

環境が違っても、食べる物が違っても同じように変化していく
バストアップへの仕組みを考えてみたいと思います。

★ 乳腺組織
★ 脂肪
★ 大胸筋
★ 筋肉と皮膚

などがあってバストは作られているのです。

ではどんな仕組みになっているのか、考えて見ましょう。

>>バストの様々な悩みの解決法


乳腺組織

乳線とは、女性が母親になる時に最も重要な働きをする器官
なんですよ。

乳汁を分泌して触るとコリコリした堅いものが触れますね。

乳腺は乳汁を作る乳腺葉と乳汁が流れて行く乳管から
なっています。

バストアップの大きさは、この乳腺の発達具合が決めてになりますね。

乳腺を発達させるには、女性ホルモンを充分に分泌させること
です。

乳腺が一番発達するときは、思春期生理が始まった頃から
だんだんと成長して行きます。

そして何よりも女性ホルモンが活発になるのが、妊娠、出産、
授乳の時です。

バストは普段の3倍くらいバストアップします。

しかし授乳が終わると、乳管は元に戻ります。

>>バストアップマッサージ 子育て後のバストケア


脂肪細胞

脂肪は、乳腺を守る為に作られています。

バストの柔らかさ、丸み、張りを決める仕組みの重要な役割を果たしています。

脂肪の付き具合で大きいか、小さいかが決まるようなものですね。

脂肪の量は乳腺の発達に伴って増えて行きます。

脂肪細胞は、成長期まで増えるとその後の細胞は大きくなると
言われていましたが、

最近では大人になっても少しずつ増える事が分かっています。

一度増えた脂肪細胞は、減る事が難しいそうです。

しかし急激なダイエットをすると、張りが無くなりしぼんだバストになって しまいます。

気をつけましょう。

>>ダイエット猫背とバストアップの関係


大胸筋

大胸筋は、バストの重みを支えているバストの上の薄い皮と
胸の筋肉で、胸全体の肉付きを保ちます。

乳腺、脂肪組織を下から支える役目を果たしているのですね。

この大胸筋の発達が豊かなバストを作る鍵と仕組みになります。

そして他には、胸郭があります。

背骨、あばら骨、胸骨、肋骨で囲まれた部分で、バストの土台
として重要な骨組みです。

背骨が曲がったり等、胸郭のバランスが崩れるとバストの 左右のバランスにも影響が出ます。

>>大胸筋を簡単に鍛えてバストアップ!


筋肉と皮膚

バストの土台となっているのが筋肉です。

そして全てを包み込んでいるのが皮膚ですね。

バストそのものが大きくならなくても、筋肉を鍛える事でバストを支える 土台を持ち上げれば、大きく見せる事ができます。

しかしいくら筋肉を鍛えても、皮膚が伸びた状態であったり、
張りが無いようであったりでは、バストは垂れてしまいます。

皮膚に張りを持たせるには、マッサージやケアをして
あげましょう。

いつでも自分のバストケアを心がけるようにしたいものですね。

そこから美しいバストが生まれると思います。(#^.^#)

>>簡単な筋トレでバストアップ!

ライン

スポンサード リンク


▲ PageTop

スポンサード リンク


スポンサード リンク