バストアップが子育てにより断念されましたが、豊胸手術などでなおしたプロフィールです

当サイトイメージ画像
ライン

私は23歳で結婚して、3人の子供を儲けました、

子供達は出来るだけ母乳で育てたいと思い、一生懸命バストアップマッサージをしたり、 乳腺を開くために手入れをしたりしてなんとか3人の子供達に母乳を与える事ができました。

子供にとって母乳は免疫力に優れた、栄養価の高いものです。 特に初乳には感染力に強い栄養素が含まれています、生まれて3か月は飲ませたいものです。

それを過ぎると4か月頃から離乳食が始まるため、母乳の栄養価はあまり期待できませんが、 離乳食が始まったら少しずつ母乳を離して行きました。

子育ては簡単なものではありません、毎日が子供との戦いですね、夜泣きをしたり熱を出したり、 看病で一睡も出来ないときが何回もありました。

自分の身なりなど構っている暇などありません、子供の事を考えない日は一日もないくらい大変なことですね。

主人には(もう少しおしゃれしてよ)と言われましたが、そんな事言ってられません。

女性は子供を産み落とした時から。。。いや妊娠した時から既に母親になっています。 男性は自分の子供を抱いた時から、父親になります。

そして毎日我が子に触れていることで、親の実感を味わってくるんですね、この時に子供も父親の愛情に触れるのです。

しかし男性は奥さんにつねに、女性を求めます、いつも奇麗でいて欲しいと。。!

子育てで疲れている顔は見たくないんですよ、でも現実はお化粧をしたり、きれいな洋服は着れませんよね。

夫婦喧嘩が始まるのはこんな時ですね、子供にかまい過ぎてご主人をかまってあげなくなります。

私もそうでしたから、子育て中は出来るだけお互いを思いやる事が大切です。

お母さんがイライラしたりすると、子供にも大きな影響を与えます、育児は楽しんで夫婦仲良く子育てしてください。

子供達が幼稚園に入り、沢山のお友達が出来てお母さん達の交流もできた頃、他のお母さん達と比べると 自分のスタイルの悪さに驚きました。

この頃からですね、自分改善しなくちゃ。。と思うようになったのは、少しずつですがまず美容院に行きヘアースタイルを変え、 お化粧も薄く塗るようになりました、

主人も少し変った私を真正面から見てくれました。(もう少し奇麗でもいいよ)と言ってくれました。

小学校に入ると父兄参観があります、どのお母さん達も競う様におしゃれをしてきます。

他人の服装やお化粧は女性にとって、とても刺激になります、奇麗になりたい、奇麗でいたいそんな気持ちがわいてきました。

ある時期を過ぎて社会復帰をしました、一緒に働いている人達はみんな年下です、フアッションには敏感な人たちでした。

自分も追い付こうと洋服をかっては 体に合わせてみるけど、子育てで崩れた体系は戻りません。

少しずつ食生活から変えて、プールに行きはじめ3~5キロ体重を減らし、ウエストも取り戻し・・

そのころは長女が化粧品の美容部員をしていたので、顔のスキンケアやバストアップマッサージなどを試してみました。

お化粧と服装は何とかなりましたが、問題はバストですね、少し痩せた為にバストにボリュームがなくなってしまったことです。

ごまかすための下着、ワイヤーブラ、パットブラなどで外見上大きく見せてました。

ダイエットや年齢で女性は、だんだん老いてくるのは仕方のないことですが、美しくなりたいと言う気持ちは幾つになっても、 持っていたいですね。

そんな時PCサイトのバストアップ豊胸手術を見て、私もやってみたいな~と思いましたね~

同年代の女性がバストアップをする手術です、痛みの少ない、回復の早い手術は 魅力的でした、4日目にして普通に生活が出来るなんて凄いでしょう。

もし金銭的に可能であれば、迷うことはないですね、試してみたいです。 もしかしたら、また新しい恋が出来るかもなんてね。

しかし金銭的にはまだまだ叶わない事です、近い将来美容整形が手軽に出来るのなら、 そしてリスクが少なければ、まずバストから直したいですね。

女性は幾つになっても美を求め、追求して行きたいものです、美しくなる事を忘れない様にしています。

毎日を楽しく過ごすためにも、無駄な抵抗をして行きましょう!

ライン

▲ PageTop