バストアップの人工乳腺法は、即効性や長期間の豊胸の効果、自由にサイズの調整できる点が他の施術より優れたメリットです

当サイトイメージ画像
豊胸バストアップ!人工乳腺法
ライン
人工乳腺法とは?

バストアップの人工乳腺法とは、長い歴史がある豊胸手術で、すでにご存知の方もいらっしゃるのではないかと思いますが、

簡単にいえば、人工的に作られた豊胸バッグを胸(人工乳腺を乳腺下もしくは大胸筋下)に挿入する豊胸整形手術です。

内容物は様々な種類や大きさがあるのですが、主にシリコンジェル系、ソフトコヒーシブバッグ、生理食塩水等が使用されますね。

バストアップも1~5カップほど大きくでき、バッグの大きさやサイズを選べることができるので、希望に沿った大きさに近づけることができるんですよ。

人工乳腺法の長所

★貧乳で悩んでいる。。最近バストが垂れてきた。。右と左の大きさが違う。。母乳を与えていた為にバストに張りがなくなった! など、さまざまなお悩みを抱えてなやんでいませんか?

人工乳腺法で、わきの下からほんのわずかな傷口から人工バッグを入れるだけで、 自分の希望どうりのバストを手に入れる事が出来るんですよ。

乳腺を傷つけずに自然に入るために、授乳の心配や感覚障害を残す心配もないそうです。

何といっても一番のメリットは、約10年程度、非常に長い間バストアップ豊胸の効果が続きます。

また自由にサイズの調整もできるという点も大きなメリットではないでしょうか。

人工乳腺法の長所

しかしシリコンバッグは挿入後の感触もよく、違和感はまったくありませんが、バッグが破損して中身がもれたりする場合もあります。

生理食塩水も万が一漏れたとしても、人間の血液に近い成分でつくられている為に害を及ぼすことはありませんが、 マッサージが必要な事がリスクになります。

なれないうちはマッサージで多少痛みがあるそうですが、なじんでくる事で痛みもなくなるようです。

即効!人工乳腺法

近年ではソフトコヒーシブバッグが使用され、安全性の高いシリコンバッグで、破損したり中身が漏れ出す心配はないそうですよ。

柔らかく自然な感触が不快感を与えない、女性らしいふくよかさがだせるバッグです、サイズもそれぞれ選べて自分にあった物を挿入できるのがいいですね。

人工バッグを使いたくない方には、
自分の脂肪を注入する手術もあるそうですよ。

やせたい部分から脂肪吸引をしてその脂肪をバストに注入する方法です。

もともとバストは脂肪で出来ているため、自然な豊胸バストが望めますが、年齢を重ねた頃にはまた張りがなくなってしまうことがデメリットですね。

やはり直ぐにバストアップされたい方には、人工乳腺法をおすすめいたします。

医師と詳細に相談

しかし即効性があるかわりに、リスクが他の豊胸手術に比べて、とても高いので、人工乳腺手術を行う場合は、

美容整形外科を厳選し、事前に体にかかる負担の度合い・手術料金・バッグの種類等々、

担当医師としっかりと詳細に細かいことまで綿密に、時間をかけて納得できるまで相談してから施術するようにしてください。

※最近では、テクスチャードタイプの人工乳腺バッグであれば、マッサージなしでも被膜拘縮(乳房が硬くなる)を予防することが できるようになっているようです。。ご参考まで

ライン

▲ PageTop